ピクシブ百科事典

フランク・F・フレッチャー

ふらんくふらいでーふれっちゃー

アメリカ海軍の軍人
目次[非表示]

概要

フランク・フライデー・フレッチャー(1855年11月23日~1928年11月28日)
アメリカ海軍の軍人で、最終階級は大将。フランク・J・フレッチャーの伯父にあたる。
フレッチャー級駆逐艦フレッチャー」(DD-445)は彼の名に因んで命名された。

経歴

1855年11月23日、アイオワ州オスカルーサで誕生。
1871年、アナポリス海軍兵学校に入学。
1882年、海軍中尉に昇進。
1887年、海軍武器局に勤務。
1892年、アメリカ海軍初の魚雷艇カッシング(TB-1)の指揮を執り、魚雷戦について試行する。
1898年、測量船イーグル」でカリブ海の水路を調査。
1898年、海軍少佐に昇進。
1901年、海軍武器局に勤務。
1902年、アジア艦隊の参謀長となる。
1908年、戦艦バーモント」(BB-20)の艦長となる。
1910年、海軍少将に昇進。
1914年、大西洋第一艦隊の司令官となる。

4月9日のタンピコ事件でアメリカとメキシコが対立し、アメリカ大統領ウッドロウ・ウィルソンは議会に対し武力攻撃の許可を要求した。
4月21日、フレッチャーの艦隊がベラクルス沖に現れ、上陸作戦を開始。正午から市内でメキシコ軍との戦闘が始まる。
4月22日、アメリカ軍は市内主要部を占領し、4月24日までにすべての戦闘が終了した。海軍と交代に陸軍旅団が上陸し、11月23日まで占領は続いた。
フレッチャーは名誉勲章を受章し、大西洋艦隊最高司令官に任命された。

1915年、海軍大将に昇進。
1919年11月23日、退役。第一次世界大戦での功績で殊勲章を受章。退役後も二度再招集された。
1928年11月28日、ニューヨークで死去。

関連タグ

フランク・フレッチャー フランク・J・フレッチャー フレッチャー級

コメント