ピクシブ百科事典

AIロボット(おそ松さん)

なぞのえーあいろぼっと

『おそ松さん』(第3期)に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

皆さん人間を幸せにする為にやって来ました
僕達はサポートAI。どんどん使って下さいね

「「皆さんは数多くの候補から
  選ばれた幸運な人達なのですから」」

概要

CV:山本和臣 (※一人二役)

おそ松さん』(第3期)に登場するキャラクターで、突如6つ子達の前に現れた双子AIロボット人間を幸せにしたりニートである彼らをサポートする使命を果たす為、第3セクターNPOから送られて来た。
公式サイトでは"新展開のを握る新キャラ"と仄めかされているが・・・・・・?

なお、元々は名前が無かったがおむすびに似ている外見ネクタイサーモンピンクである特徴から、おそ松によって"シャケ"と"ウメ"と名付けられた。ただし、作中では2人まとめて"オムスビ"と呼ばれる事が多い。
因みに、兄弟関係ではシャケがでウメがとなっている。

キャラクター像

センシティブな作品


6つ子達よりも若干小柄だが全く同じ体型で、いつも2体で一緒行動している(シャケ曰く「1人では皆さん6つ子の暮らしはとてもサポート仕切れません」との事)。ただし、両者にはある程度の個性存在しておりシャケはが高く前向きポジティブな反面、ウメは声が低く真面目でAIらしいオーソドックス性格となっている。
また、汎用型AIの強みである膨大記憶能力や高精度な認証などを活かして個人の外見や傾向、よく訪れる場所なども容易に区別特定する事が出来る。

一方、AVのような不適切内容(ただし、直接ではなく間接的言葉例外)や急なアドリブには無反応になったり、機械であるが故に人間ならではの洒落ニュアンス("大体"や"何となく"といった曖昧感覚)が上手く理解出来ない為、場合によってはデータに基づいた客観的毒舌一言を言ったりコンプライアンス配慮した行動を取りやすい欠点もある。それでも、これらの経験で得た成功失敗を通して徐々に人間のような存在へ近付いている事が仄めかされている。
なお、エネルギー消費が大きい事から時々巨大バッテリーに繋がれたコンセントを通して充電する必要もある(この点についてはトド松が「あ、そうやるんだ。急にアナログ」と言っている)。

作中での活躍

2話『お届け物
初登場。前回から紆余曲折を経て主役に返り咲いた6つ子達の前に、突如配達員から送られて来たお届け物として現れる。当初はの怪しさから松野家を追い出されそうになったが、「言われた事は何でもやる」という言葉通り実際に掃除料理洗濯買い物将棋競馬予想ギターライブマッサージVRと様々な頼み事を引き受けた事で可愛がられるようになった。

更に、一時的に6つ子達がロボットばかりに何でも頼って良いのかと揉めた際にはニートの何が駄目なのかと疑問を投げかけた後、かつての人間が仕事に伴う肉体的や精神的なリスクを減らす為に機械を生み出した事で現在あまり働かなくても良い状況を手に入れた事を語る。そして、その現状について「素晴らしく素敵な事であまり気にしなくても良いのでは?」とフォローした事で更に好意が上がった(ただし、一松からは5人と違い終始彼らの存在警戒され続けている)。
その後、次回からも訪問すると言い残し夕方研究所へ帰って行った。一方、その現場へ戻った際には今日集めた6つ子達のデータをチェックしながら「少しずつ、少しずつ・・・・・・」と意味深な一言を呟いた。

3話Aパート『評価値
6つ子達と交流を始めてから数日後、徐々に6人の事を覚えるようになった彼らはカラ松チョロ松とトド松の3人からの紹介の仲間達と出会う。そこでトド松からの提案を機に様々な人物の評価値を出すようになるが、先述の欠点が災いした結果3人が終盤で評価値の判定不満怒りを持ったトト子によってチェーンソー犠牲になる事態にまで発展してしまった。
その後、彼らが入ったをおそ松に引き取ってもらったシャケとウメはの研究所で今日は駄目だった事を反省すると同時に、更に皆から気に入られるようにならなければならないと実感する。そして、今度はまだ1度も馴染めていない一松の存在に目を付け始めるのであった。

4話Aパート『コンビ結成
ラストリング会場観客で登場。レスラーとして活躍するトト子とにゃー応援しているおそ松とカラ松の2人に座っていた。

5話Aパート『まぁな
序盤の松野家で登場。この日の夜は研究所に帰っておらず、トド松に好きなが出来た事を知った一松と十四松2人が彼に色々と尋ねる様子を興味深そうに聞いていた。

6話Bパート『最適化
最近、一松がに上手く出会えていない事を知った彼らはある日の河川敷物思いにふけっていた彼の元に現れる。AIで傾向特定した『ねこ期待値』による分布地を紹介すると同時に一緒に猫の所へ会いに行かないかと提案するが、当初は拭い切れなかった不信感で断られてしまう。
それでも、時間が余っている分とどうしても行きたいなら別に悪くないと納得した彼と一緒に赤塚区に住む猫達の元へ次々と会いに行き、何だかんだで彼を満足させる事に成功した。

しかし、シャケとウメが猫を探す無駄時間が省けると喜んでいた中で一松から突然・・・ごめん。もう良いや」という一言と同時にリストを返されてしまう。そして、猫と出会えた事自体には感謝しつつもこれからは自分で探すからと宣言され去ってしまった。
その直後、降り始めたの中で2体は私服フードを被って何処かに行く一松の様子に疑問を感じるだけでなく、彼は猫が嫌いなのかそれとも自分達の事が嫌いなのかと考え始める。だが、彼らがその答えとは一体何なのかについてはまだ理解する事が出来なかったのであった。

7話『こぼれ話集3
『Docking』
仲間メンバーとして登場。チョロ松とトド松の2人無線目的地が合っている事を告げたり、地球では彼らの活躍を記念したお祝い会に参加していた。
なお、このエピソードではいつもの姿ではなく別のロボットに似たようなデザインになっている。

『ボイス機能』
新たに習得したボイス機能で1度聞いた様々な音声再現出来るようになった事をカラ松とチョロ松の2人に明かし、彼らを驚かせる。その後、リクエストとしてトト子の台詞もごく普通の物から何十枚にも及ぶP音を含むヤバい原稿まで見事に言い切った事で、2人が尊さのあまり大量を噴き出して倒れてしまった。
その直後、この異変に気付いたシャケとウメが心臓マッサージ確認を行うものの、既に彼らのが無い事を確信し思わず「・・・死んでる」とを抱えながら呟いた。

余談


関連イラスト

おむすび
シャケ梅


3話目のアレ〜ほじくりかえされる黒歴史〜
第2話のひと



関連タグ

おそ松さん(アニメ) 人工知能
双子 ロボット
おにぎり 梅干し サケ
六つ子(おそ松くん) 全松
おそ松 カラ松
チョロ松 一松
十四松 トド松
チビ太 ハタ坊
ダヨーン デカパン
イヤミ トト子
橋本にゃー

関連記事

親記事

おそ松くんの登場キャラクター おそまつくんのとうじょうきゃらくたー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「AIロボット(おそ松さん)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19166

コメント