ピクシブ百科事典

DD55

でぃーでぃーごじゅうご

ディーゼル機関車の形式名の1つ。複数の事例がある。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 神奈川臨海鉄道の機関車。5両が在籍する。
  2. 福島臨海鉄道の機関車。2両が在籍する。
  3. 仙台臨海鉄道の機関車。最大で4両が在籍したが、現存しない。
  4. 新潟臨海鉄道の機関車。2両が在籍したが、廃止前に廃車された。


以上のことからわかる通り、国鉄のDD55形は存在しない。

神奈川臨海鉄道のDD55

神奈川臨海鉄道・DD55


1963年からDD13をベースに製造されたディーゼル機関車。1994年までに19両が落成した。その後、DD60などにより置き換えられて廃車が進み、現在は5両が在籍する。

現存機のうち14号機と18号機と19号機以外はリバイバルカラーに塗り替えられた。

15号機(廃車済み)

ベージュに緑帯を施した塗装。2008年に廃車された。

16号機

赤を基調として白い帯を付加した塗装。

17号機

白と青のツートンカラー。

このうち、pixivでは17号機時代のカラーのイラストのみ見られる。

福島臨海鉄道のDD55

1966年、1970年、1973年に各1両ずつが製造された富士重工業もしくは新潟鐵工所製のディーゼル機関車。1号機はすでに現存せず、3号機はエンジンを換装して31号機となったが、2020年3月に検査期限を迎えて走行できなくなっている。31号機はそれまで度々エンジン不調に見舞われていたという。

仙台臨海鉄道のDD55

自社発注の2両の他、1983年に譲渡された元鹿島臨海鉄道のKRD形1両、同年に譲渡された元国鉄のDD13形1両の計4両が在籍していた。1990年代に入って、自社発注の2両はSD55に改形式され、残る2両も2011年までに解体されている。
なお、SD55となった2両のうち1両は震災で廃車となっている。

新潟臨海鉄道のDD55

元国鉄のDD13を開業時に譲り受けたもので、2両が在籍した。この2両は初期型唯一の譲渡車であった。しかし、1995年にDE10の1144号機が入線し、DE65の3号機となったため、用途を失い廃車された。

関連タグ

ディーゼル機関車 DD56 DD60

関連記事

親記事

ディーゼル機関車 でぃーぜるきかんしゃ

兄弟記事

  • DD51 でぃーでぃーごじゅういち
  • DF200 でぃーえふにひゃく
  • DD54 でぃーでぃーごじゅうよん
  • もっと見る

pixivに投稿された作品 pixivで「DD55」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49

コメント