2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

スペック

  • 全長:12m
  • 最高速度:マッハ8
  • 乗員:2名
  • 武装:エンタシア砲、サイドワインダー

概要

XIGが保有する戦闘機XIGファイターの一体。メインカラーはシルバー。
高山我夢が操縦する指令機で、偵察機ないし電子戦機としての性格が強い。コックピットは複座式。
本来は堤誠一郎チーフの機体となるはずだったが、堤はピースキャリーで出撃することが多い上に第4話でのメザード戦で我夢が勝手に乗って出撃して以降、なし崩し的に我夢の機体となった。結果として「我夢が『私物化』してしまった」形ではあるが、本編では特に懲罰の類は見られなかった。
我夢が戦闘要員ではないため、戦闘した回数は少ない。

リモートフライングシステム内に我夢が改造した人工知能PAL(CV:神谷浩史)が搭載されており、自動で稼働するほか我夢がウルトラマンガイアに変身している間のアリバイ作りにもなる。
各種オプション装備による戦力拡張も可能で、メザードを現実世界に引き入れるパイロットウェーブ発振装置も最初に着けられた。

モキアンによってエリアル・ベースが破壊された際に行方不明となっていたが、ゾグによって光を奪われた我夢を救うために姿を現し、ゾグに特攻をかけたことで破壊された。

その後PALは我夢のパソコン内で修復されている。

関連項目

XIG

関連記事

親記事

XIG しぐ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「XIGファイターEX」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1327

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました