ピクシブ百科事典

Helck

へるく

『Helck』とは、七尾ナナキによる漫画作品。裏サンデーにて連載中。
目次[非表示]

『Helck』とは、七尾ナナキによるWEB漫画作品。裏サンデー・マンガワンにて連載中。

ストーリー

魔王が人間の勇者に倒された__。
255年ぶりのこの快挙に人間たちが沸き立つ一方で、魔王を倒された帝国では、次期魔王を決めるべく大会が開催されていた。
帝国四天王の一人、ヴァミリオは、負傷した前任者・アズドラの代役としてその大会の責任者に赴任する。
しかし、優勝候補として民衆の注目を集めていたのは、なんと人間の勇者ヘルクだった。
危機感を覚えたヴァミリオは、運営を叱咤しながらなんとかヘルクを大会から蹴落とそうと画策するが、ハイスペックな彼の前にことごとく失敗してしまう。そんな折、ウルム魔王城が謎の軍勢によって陥落させられる。大会の決勝は急遽魔王城奪還に変更され、ヘルク始め残った参加者たちは魔王城へと向かうのだが…。

登場人物

大会関係者

ヴァミリオ
通称『赤のヴァミリオ』。赤髪の小柄な少女の外見をしているが、帝国四天王の一人で、炎を扱う。大会に参加したヘルクに危機感を覚え、彼をあっさり受け入れている民や危機感のない運営に呆れながらも、あの手この手で妨害するが毎度失敗に終わる。ついに決勝戦で、『運営スタッフのアン』としてヘルクたちに同行する。言動は尊大だが、非常に民思いな性格。罵倒する時に「バカァ」というのが特徴。戦闘レベルは78。

ヘルク
魔王を決める大会に参加した人間の勇者。巨体とそれに見合わぬやさしく勇敢な性格の持ち主。立場上帝国とは敵のはずだが、なぜか人間を滅ぼすことを表明している。そのフェアな精神と圧倒的強さで人気を集めており、今大会の優勝候補。戦闘レベル99で、戦闘以外も何かと規格外。武器を使うと道具の方が耐えられないため、基本的に素手で戦う。

ケンロス
大会参加者の一人。通称『神速のケンロス』。性格はフランクで単純であり、物事を額面通りに受け取る。決勝まで勝ち残ったもののヘルクのことが気に入っており、彼に魔王になってもらおうと思っている。戦闘はやや苦手だが足の速さは随一で、そこに限定すればヘルクをも上回る。戦闘レベル38。

ヒュラ
大会参加者の一人で『不死身のヒュラ』と呼ばれる。剣を得意とする青い肌の美女。他の参加者と違って人間のヘルクを警戒しており、ある意味一番普通の感覚の持ち主。気が強くイケメン好き。戦闘レベル50。極めて高い再生力を保持し、腕が切り落とされた程度では即座に再生する。

ドルーシ
大会参加者で『鉄壁のドルーシ』と呼ばれる。僧体で丁寧な物腰だが、どこかとぼけた性格。豆を食べることで強力な結界を発することができるが、集中に30分かかる。決勝まで残るも、ヘルクの圧倒的強さにほとんど優勝を諦めており、決勝もウルムの敵討ちが主目的となっている。戦闘レベル45。

アズドラ
帝国四天王の一人『青のアズドラ』。長髪の青年の風貌。本来の大会の責任者だったが、自分の設置した罠にうっかり引っかかって重傷を負ったため、ヴァミリオに交代してもらった。魔術により大会参加者に大幅な行動制限を設けているが、その反動で今は一般人と変わらない力しかない。ヴァミリオのことを『ヴァミリオちゃん』と呼んで溺愛しているが、構いすぎたせいで当のヴァミリオからは嫌われている。単純な戦闘能力は四天王の中では弱い部類で、争いを好まない平和主義者。しかし、ヴァミリオ曰く『条件が揃えば四天王最強』。樹木を操る。戦闘レベルは73。

ホン
小柄で骨頭の魔導士風の男。大会の副責任者。ヘルクの参加にほとんど疑問を持っていなかったが、ヴァミリオに叱咤されて妨害を行う。小市民的な性格で、妨害を行うのもヘルクを恐れてというより立場の保身のためである。事務レベル48。戦闘レベルは不明。

イスタ
ヴァミリオ配下の諜報員でアスタの妹。姉を介して人間の国の様子をヴァミリオに報告する。ヒュラとは旧知の仲。戦闘では素早い身のこなしを得意とする。スパイレベル48。

ロココ
大会の司会進行。目を前髪で隠している女性。

その他

アスタ
ヴァミリオ配下の諜報員。勇者の情報を集めるべく人間の国に潜入するも、肝心の人間の姿が全く見当たらずに困惑することとなる。熱いコーヒー、もしくは紅茶を飲むことで、妹のイスタとメッセージのやり取りができる。非常に面倒くさがりだが、かつてヴァミリオに命を救われており、彼女に対する忠誠心は高い。スパイレベル55。

クシキ
全身黒タイツのヴァミリオ配下のスパイ。人間に落とされたウルム城の調査に向かう。スパイレベル43。

トール
十五魔王の一人。人間の勇者クレスに倒された。彼の死によって、その後釜を決める大会が開かれることとなる。アズドラとは古い友人だった。

ウルム
十五魔王の一人でウルム魔王城の城主。トール同様アズドラとは古い友人。大会開催中に人間側の翼の兵士の侵攻を受ける。身を呈して民と兵を逃し、敵兵士の約3分の2を道連れに散った。戦闘レベルは60以上あったとのこと。

クレス
人間の勇者でヘルクの弟。ヘルクに比べて細身でかなりのイケメン。ヘルクは弟殺し、すなわち彼を殺した罪で人間の国から追われているらしいが…。

舞台

帝国
15の国々が連合してできた大国で、多種多様な種族が共存している。人間からは『魔界』と呼ばれている。土地から毒が吹き出しており、国土の多くが荒地。皇帝を頂点に、おおまかに帝国守護王→帝国四天王→十五魔王→将軍→一般人という階層になっている。なお、人間が『魔王』として認識しているのはこの十五魔王である。

人間の国
人間族の国。内乱によって帝国から独立して以後、帝国を『魔界』と呼んで敵対し続けている。帝国に比べて非常に国土は豊かだが軍事力は脆弱。たまに誕生する『勇者』と呼ばれる力を持つ者のみが脅威とみなされている。王政のようだが詳細は不明。魔王討伐成功に湧いているはずが、なぜか現在国内に誰もいない。

関連タグ

裏サンデー Web漫画

pixivに投稿された作品 pixivで「Helck」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 212225

コメント