ピクシブ百科事典

あぶくま(列車)

あぶくま

旧国鉄(現・JR東日本)の列車愛称。また阿武隈急行の駅名にもなっている。
目次[非表示]

海上自衛隊の沿岸護衛艦は「あぶくま(無印)」を参照。

列車愛称「あぶくま」号

初代「あぶくま」は、国鉄時代の1958年10月に上野駅~福島駅間の東北本線準急列車に命名された。1963年まで運行されていたが、その後廃止されたという。
この運行区間はのちにエル特急「つばさ」の一部となるが、山形新幹線の開業に先立ち列車そのものが廃止されている。

2代目「あぶくま」は、郡山駅~いわき駅(当時は平駅)間を走る磐越東線にかつて存在した不定期運行の快速列車。
磐越東線はJR東日本に移管されたあと、阿武隈川の上流を走ることから「ゆうゆうあぶくまライン」の愛称がつけられた。

あぶくま駅

仙台都市圏を走る阿武隈急行線の駅名のひとつ。宮城県丸森町にある。無人駅ではあるが、阿武隈ライン舟下りの船着場が近い。
阿武隈急行線は非電化だった旧国鉄丸森線を転換した路線に、未成線だった福島駅~丸森駅間を組み合わせ、県境をまたぐ福島駅~槻木駅の全区間を一括で交流電化した姿で、あぶくま駅を含む区間は後者に含まれる。

関連項目

東北本線 山形新幹線 磐越東線

関連記事

親記事

東北本線 とうほくほんせん

兄弟記事

コメント