ピクシブ百科事典

おそ松くん音頭

おそまつくんおんど

『おそ松くん音頭』は、「おそ松くん」(第2作目)のエンディングテーマである。

概要

作詞:森雪之丞・作曲:中山大三郎・歌:細川たかし

1988年に放送された『おそ松くん』(第2作目)のエンディングテーマ。
シングル版には振り付けも付いていた。

作詞の森雪之丞は、布袋寅泰の作品を多く手がけていることでも知られ、
作曲の中山大三郎は、島倉千代子の『人生いろいろ』を作詞した人物である。

テレビで放送された1番は、六つ子たちがそれぞれ違うものを使っても、みんな同じであるという旨の歌詞である。
順番はおそ松のズボン→カラ松チョロ松のシューズ→一松トド松の眉毛→十四松となっている。
なお六つ子の出生順の設定は実はこの頃には無く、後に『おそ松さん』でこれを元にして正式な兄弟順が設定されたのだが、「トド松は末っ子」だという設定は当初から存在していたため、最後のトド松(末弟)と十四松(五男)の順番のみ入れ替わっている。

オープニングではほぼ出ずっぱりだったイヤミだが、エンディングでは合いの手だけの登場である。
そのイヤミは2番ではケムンパス、3番ではドラキュラと、2回も出っ歯を取られてしまうという歌詞である。

ちなみにこの歌はスペイン語版が存在する。⇒『おそ松くん音頭』(スペイン語)ver.(ニコニコ動画)
六つ子の名前はそのままだが、十四松は発音の関係上、「フシマツ」となっている。

関連タグ

おそ松くん 音頭
正調おそ松節 - オープニングテーマ

イヤミ音頭 - 時を経て『おそ松さん』で登場したオマージュ

pixivに投稿された作品 pixivで「おそ松くん音頭」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 138488

コメント