ピクシブ百科事典

三十年後のおそ松くん

さんじゅうねんごのおそまつくん

『おそ松くん』作中のエピソードのこと
目次[非表示]

三十年後のおそ松くんとは『おそ松くん』の中のエピソード。
初出は1965年4月の少年サンデーである。竹書房文庫版12巻、ebookjapan11巻(yahoobookでも販売)、単話売りの電子書籍でも読むことが可能。

本項目ではこのエピソードが下敷きになった1988年版アニメ『おそ松くん』の「四十年後のイヤミザンス!」についても解説する。

概要

ねえ、六つ子チビ太イヤミデカパン
三十年後にはどうなってるだろう?

タイトルどおり、元々の『おそ松くん』の三十年後の世界を描いた話である。
10歳の頃は見た目で全く区別のつかなかった松野家の六つ子が40歳の中年になると、それぞれ個性的な外見になっている。
六つ子はデカパンが社長を務める製薬会社の研究員として働いており、イヤミはその会社の受付係、チビ太は社長秘書である。
社長は若返りの薬を研究することを六つ子たちに命じていたが、作れてもすぐに効果が切れてしまったり、イヤミが薬を狙ったりしている。果たして薬は完成するのか……


キャラの外見

六つ子

かつてのイヤミのような髭が生えた以外は、若い頃と大きくは変わっていない。
六つ子で一番若く見えるらしい。

髭をはやしている。頭はいわゆるバーコードハゲである。
おそ松からは「うすっパゲ」と呼ばれる。

鼻の下にチョビ髭。頭はいわゆる「波平さんヘアー」
おそ松からは「ハゲ」と呼ばれる。

七三頭に丸い黒縁の眼鏡をかけている。
おそ松からは「メガネ」と呼ばれる。

ぼさぼさの頭に無精髭を生やしている。

坊主頭のような髪型をしている。髭は生やしていない。

チビ太

体格は変わっていないが、皺が出来、チョビ髭が生えた。

イヤミ

出っ歯は健在だが髪は全て白髪になった。
元気のいいシェーができなくなったらしい。

デカパン

30年前は少しはあった髪の毛が全てなくなり皺が増えた。髭も白髪になっている。

四十年後のイヤミザンス!

本エピソードのアニメ版。ただしアレンジが多く加わっており、原作のままのチョロ松以外の六つ子の外見は共通であった。彼らの年齢は50歳という設定になっている。

また、原作ではデカパンのために若返りの薬を作っていたが、
アニメ版ではお見合いを控えた50歳のトト子のために若返りの薬をつくることになっている。
他にもアニメ版でしか見られないキャラもいる。


デブのオバサンになってしまったトト子はお見合い写真が若い頃の物だったため
相手側を納得させるためには自分が若返るしかないという。

若返り薬を作るなか、老人ダヨーンから若返る薬を作ってほしいと依頼を受ける。
お見合い写真に自分のが若い頃の物をだしてしまったという。どこかで聞いた話だな?

トト子

豪邸に住むお嬢さん暮らしがたたってか50歳にして独身。この上すごいデブ。
おそ松いわく、「トト子ちゃんと結婚しなくてよかった。」とつぶやくほど酷い有様。
失敗作の若返りの薬を服用して美貌を取り戻すが…。

チビ太

六つ子の上司で肩書は部長。若くて美人な奥さんと幼い子供が3人(しかも一人は赤ん坊)。
色んな意味で絶倫。失敗作の若返りの薬を服用したら赤ん坊になってしまうも、若い女性の入浴に遭遇するラッキースケベまでしているが…。

イヤミ

受付係ではなく老骨に鞭を打つ守衛。チビ太同様に失敗作の若返りの薬を飲んで赤ん坊になってしまうも…。

ハタ坊

自分そっくりの孫がたくさんいる。

ニャロメ

若返り薬の実験動物役で登場する。

余談

あれから27年も存在する。なんとチビ太以外全員故人
本当は怖いおそ松さん参照。
さらには漫画にも「四十年後のおそ松くん」というタイトルのエピソードもあるが……
アノニェー

また、以上より後に発表されたものとして『大人になったおそ松くん』もある。
こちらでは六つ子はバラバラの職についており、外見も別設定。

関連タグ

おそ松くん 年齢操作
おそ松さん(大人になった六つ子のエピソード)
大人になったおそ松くん

コメント