ピクシブ百科事典

きり

きり

きりっとした様子。または「真田丸」の登場人物の名前など。
目次[非表示]

用例


「真田丸」のきり

(演:長澤まさみ
「源次郎さま」こと真田信繁に好意を寄せる幼馴染の女性。我が強く、物をはっきり言う性格。
真田家の家臣の高梨内記の娘。一応は信繁の側室とされた史実上の人物に対応するが、実は霧隠才蔵なのではと噂する視聴者もいた。

信繁についていった先の大坂城ではの侍女として働く。豊臣秀次に側室にならないかと誘われたり、細川ガラシャを通してキリシタンに接する機会もあったが……。
真田親子の十年以上にわたる蟄居生活にも同行し、信繁が脱出の決心を固めるきっかけとなった。

さっぱりした気性の持ち主だが、押しが強いので信繁からは鬱陶しがられている。良く言えば気の置けない間柄だが、きりのが実る気配はない(いつまでたっても)。それでも信繁のそばを離れず、ドラマの序盤から終盤まで通して姿を見届ける相棒のような立ち位置のヒロイン

別名・表記ゆれ

キリ
【きりと読む字】   

pixivに投稿された作品 pixivで「きり」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22573

コメント