ピクシブ百科事典

たらいまわし(妖怪ウォッチ)

ようかいうぉっちのたらいまわし

ここでは、『妖怪ウォッチ』に登場するたらいまわしについて記載する(メイン画像左側のキャラ)。
目次[非表示]

概要

CV:永田亮子

常に底の抜けた盥をフラフープの様に腰で回転させている妖怪。
取り憑かれるとあっちこっちへとたらい回しされてしまう。

海外に進出したら、黒人差別問題に引っ掛かってしまいそうなデザインをしている。

アニメ

初登場は92話。
ケータが担任の先生から渡された大量のプリントを指定の場所へ持って行けば、図書室→音楽室→保健室→屋上→校長室→体育館と、次々とたらい回しにされてしまう。
姿を現したたらいまわしに対抗すべくジバニャンを召喚するが、たらいまわしの能力でジバニャンは「自分よりもメラメライオンの方が良い」、メラメライオンは「ホノボーノに頼んで欲しい」、ホノボーノは「今日は用事があるからジバニャンに頼んで欲しい」・・・と妖怪達もたらい回しにされる。
そこでケータは本当にたらい回しに出来ないものがないかどうか勝負を挑み、密かに召喚していたボー坊をどさくさに紛れて投げ付け、たらいまわしをボ~っとさせて勝利した。

ところが、この後たらいまわしは以下の台詞を口走る。

たらいまわし「こんなソーセージっぽい奴に負けちゃうなんてな~」

ソーセージ…それはボー坊に対するNGワードだった。当然この後…

威嚇

ボー坊「おい!だ~れが…ソーセージだァァァーーーーーッッッ!!!」

と、ボー坊はキレてしまい、たらいまわしはケータ、ウィスパーとともに恐怖のどん底に突き落とされたのであった。

これがトラウマになってしまい、しばらくはたらいが回せない状態になってしまった。
そして128話の「イナウサ不思議探偵社 調査ファイル9『ボー坊』」では依頼人として再登場し、未空イナホUSAピョンにボー坊について調査するようお願いした。
そして最終的にボー坊の過去と、「ハム」と言ったら怒りが収まるというのを知ったことで元気を取り戻し、安心してたらいが回せるようになったのだった。

たらいまわし「これでまた、たらいまわしとして生きていけるよ~」

関連タグ

妖怪ウォッチ ブキミー族

pixivに投稿された作品 pixivで「たらいまわし(妖怪ウォッチ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6171

コメント