ピクシブ百科事典

とどろけ!一番

とどろけいちばん

のむらしんぼによる漫画作品。受験漫画のような何か。
目次[非表示]

概要

「月刊コロコロコミック」において1980年2月号から1983年5月号まで連載されていた少年漫画。作者は後にあの「つるピカハゲ丸」やラチェット&クランクの漫画版を生み出したのむらしんぼ氏。

コロコロには珍しく受験をテーマにした漫画であり、実際に受験シーズンに連載が始まった。




…のだが、その内容はもはや受験漫画の皮をかぶった超展開格闘漫画であり、それどころか連載途中で漫画のジャンルが急に変わるなど、突っ込みどころがありすぎて突っ込みきれないカオスな内容となっている。

あらすじ

進学塾の名門・大日本進学塾に入学した一人の少年、轟一番が、書いても書いても減らない幻の鉛筆「四菱ハイユニ」と必殺技を駆使して試験勝負で並みいる強敵を倒していく。しかし、それには本人も知らない真の目的があった…。

カオスすぎる内容

  • 受験漫画なのにアクションの描写が存在する。主人公の轟一番がライバルと試験勝負をするのだが、かのゲームセンターあらしばりのアクションで試験問題を解く様はあまりにもシュールである。おそらく初見でこの漫画を読んだ人は、ほぼ全員がこの漫画が受験漫画であることを一瞬忘れてしまうであろう。また、一番はピンチを迎えるたびに新秘技を生み出すのだが、その秘技が「答案二枚返し」、「ゴッドハンド」などもはやカオスすぎて理解不能なレベル。ぜひ一度、自らの目で確かめていただきたい。
  • 一番が所持している四菱「ハイユニ」は書いても書いても磨り減らないというありえない仕様。
  • 試験中、睡魔が襲ってきたときは自分の足に鉛筆をブッ刺して睡魔に打ち勝つ。足に鉛筆を刺しているため回答ができないという新たなピンチに陥るも、自らので回答し難局を切り抜ける。
  • 当初は3回までの連載予定だったが、予想以上に人気が出てしまい終わるに終われず、一番は受験に成功したにもかかわらず受験を続けなければならないという、受験漫画にあってはならない展開になった。どうやってそのピンチを乗り越えたのかは、各自単行本もしくは自伝漫画『コロコロ創刊伝説』を参照の事。
  • 後半になって突然「これまでの受験勉強の技は全てボクシングのためのものだった」と、ボクシング漫画に路線変更する。これは、作者ののむら氏曰く、単純に受験ネタが尽きたため仕方なくボクシングに題材を変更したとのこと。だがこの路線変更が災いして人気が急降下し、程なくして連載終了となった。
  • とにかくツッコミが不在。そのためカオスな世界観に拍車をかけている。


他にもこの漫画のカオスっぷりは数多く存在し、ここでは紹介しきれない。気になった方は一読することをお勧めする。

余談

作品内のアクション描写はゲームセンターあらしの影響を受けており、のむら氏も後に「当時は必死にあらしを真似ていた」と語っている。

路線変更の後、読者からの手紙は一気に2倍の量になったが、その大半は路線変更への抗議の内容だった。その中には鉛筆の削りかすや消しゴムのかすが入れられた手紙もあったという。

連載後半に人気が急降下したとはいえ、まだ中の下程度の人気は維持していたらしく、本来は打ち切りになるようなレベルではない事を当時の担当編集者に明かされ、のむら氏は「だったら続けさせて下さい」と訴えたが、「ただ生活のためだけに、ダラダラと描き続けていいのか?」と叱責されたという。それから間も無く本作の連載は終了した。
その後のむら氏は不遇の時代を経験した後に、『一番』以上のヒット作『つるピカハゲ丸』を送り出す事になった。

後に、怒り新党においてこの漫画が紹介された。

関連タグ

コロコロコミック 受験 カオス 公式が病気
コロコロ創刊伝説

pixivに投稿された作品 pixivで「とどろけ!一番」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7109

コメント