2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

わたぼう

わたぼう

わたぼうとは、ドラゴンクエストモンスターズに登場するモンスターである。
目次[非表示]

概要

タイジュの国の精霊。外見は風だが植物系…にもかかわらずあるシーンでは仲間になる条件としてアレを要求する辺り何かコレジャナイ気もするが…
ミレーユワルぼうにさらわれたテリーをタイジュの国へと導く。
扉(ダンジョン)をクリアした際、テリーをタイジュの国に戻してくれる。

全ての扉の主を倒すとテリーの仲間になる(ただしリメイクされた3DS版ではならない)。
マルタの国ワルぼうとは、「DQモンスターフレンズ」でわたぼうがワルぼうを友達として紹介したり、
3DS版ドラクエモンスターズ2では彼らの子どもがタッグを組んだりしてるので多分仲は良い。
モンスターズ2ではワルぼうを血統、わたぼうを相手にして配合しないと生まれないレアモンスター。
キャラバンハートではタイジュのオーブを使ったダンジョンの最深部に登場。規定ターン以内に倒すと心をくれる。

ドラゴンクエストウォークにも2021年11月26日~2022年1月14日開催のドラゴンクエストモンスターズとのコラボイベントに登場。原作の流れと同じくプレイヤーをタイジュの国へと導く。イベントの流れで戦う事もあれば、わたぼうをモチーフとした装備ガチャも登場。

能力

モンスターズ1

成長は全モンスター中最速で、耐性も????系に匹敵する強力なモンスターだった。
タイジュの精霊であることから植物系に分類される。
能力値は序盤は攻撃力がほとんど伸びないが、それ以外は爆発的に伸びていく。その攻撃力もレベル35以降に伸び始めHPの伸びが衰え始めるレベル60を超えても攻撃力は二桁以上で伸び続けるので真面目に育成すれば全く隙がない。
軽く配合して育成すれば容易に全ステータスがMAXに到達する。
とくぎは「パルプンテ」「くちぶえ」「まねまね」と癖だらけだが、こちらは配合で補強すればいくらでもカスタマイズでき、しかも成長速度の早さの恩恵で強力なとくぎも速攻で習得も可能。
ただ本作最強の????系ダークドレアムの配合(血統はデスタムーア第三形態)に必要になるため、図鑑コンプリートを目指す場合は取捨選択を迫られる。


モンスターズ2

ワルぼうをモンスターズ1のわたぼうとお見合いさせることで誕生させることができる。ワルぼうを失ってしまう為、レアな種族だった。能力はモンスターズ1と同じ。
能力も耐性もワルぼうより数段上なのだが、今作はワルぼうのキャラが立っていた為、ワルぼうのまま使う人が多かった。

キャラバンハート

能力の高さと成長の速さはトップクラスで、重さも1と非常に軽く、
最も使い勝手の良いモンスターの1体。攻撃力以外の能力が高い。

ジョーカー2プロ

常にマホカンタの特性により呪文を一切受け付けないが、能力値は中途半端。
常にアタックカンタを持ち、すばやさとかしこさが1000まで上がるワルぼうの方が有用だった。

テリー3D

スモールボディ特性となり能力が激減、さらに常にマホカンタの特性も取り上げられてしまい一気に弱体化。
ワルぼうも同様の弱体化をしたが、わたぼうは元々の中途半端さが災いし、ワルぼう以上に厳しい状況となっている。
しかも本作では1つ15万Gもする「にじのたまご」のみでの加入となるため、ひたすら資金を空き集めてはにじのたまごを割り、運を天に預けながら当たりを待つソシャゲのガチャ染みた光景が繰り広げられた
一方でレアモンスターであるエグドラシルトーポトロデの配合に必要となり、特にトロデは本作最上位のゼメルギアスの配合に不可欠となるため、図鑑コンプリートと最強モンスターの獲得を目指すマスターたちの壁となった立ちはだかることに……。

関連イラスト

わたわた
誰が遊びに来たの?


わるぼう&わたぼう
配合は計画的に…はいかないね。



関連タグ

DQ DQM
ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド
テリー ワルぼう

関連記事

親記事

ドラゴンクエストモンスターズ どらごんくえすともんすたーず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「わたぼう」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「わたぼう」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 147725

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました