ピクシブ百科事典

目次[非表示]

で、どんなやつなの?

CV:小山力也

堕天使の組織「神の子を見張る者」の総督。のちにあることをきっかけに辞職し、特別顧問に移行。原作四巻でエピローグで駒王学園の化学教師となり、オカルト研究部の顧問を務める。

必要とあれば何も知らない民間人の殺傷もいとわず、実際この作品の始まりは神の子を見張る者によるイッセーの殺害がきっかけではある。しかし同時に基本的には甘いとすら言われる善良さを持つ清濁併せ持つ人物。民間人の殺傷も世界の秩序を考えた結果なうえ、各勢力も堕天使たちの役目と黙認しているため(むしろしてない場合は皮肉られたこともある)、決して外道の類ではない。

三大勢力の中で一番の統率力を誇りコカビエル、サタナエルなどの離反者は出ているものの悪魔、天使と比べると堕天使は大きな失態が少ない。

容貌を一見すると、「チョイワルオヤジ」や「ステキなオジサマ」といった感じ。イッセー(兵藤一誠)の見解に寄れば外見年齢は20代くらいで、「イケメン王子」こと木場祐斗以上のイケメンで「ワル系が好きな女子なら即落ちそう」といったところ。

駒王学園の教師としても人気があり、隔離結界領域に向かうために急に辞職する羽目になったときは、理由が理由でそのあたりをあいまいに濁されていたこともあり残念がられていた。当人も教師生活を楽しんでいた模様。


研究者気質の持ち主で、特に神器の研究にのめり込んでいるマッドサイエンティスト
主にイッセーがその被害にあっており、結果的に駒王学園の女子がたくさん裸に向かれるという惨劇が生まれた。思いついたことを実現させるだけの技術力があるのが非常に質が悪い。

研究者としては主に聖書の神が作り上げた神器システムの研究が中心。その結果として人工神器の開発に成功しており、のちに未来からの接触があった後はその話を参考に即座に人工神器版の禁手である鬼手の理論を完成に漕ぎ付けるほど。方向性としては既に存在している者をさらに発展改良していくエジソン的な人物であり、アジュカからは自分とは合いそうで合わないタイプと認識されている。

戦闘方面に関しても魔王末裔とまともに渡り合えるほど強く、加えて相手を研究し尽くすため、「二戦目では勝てたが三戦目以降は危うい」と曹操に言わしめるほど。加えてその技術力ゆえに人工神器を用意することができるため、敵に回すと非常に厄介なタイプ。


後にトライヘキサ撃破のため、隔離結界領域に堕天使側の代表として参加。しかし隔離結界領域は通信が可能なように創られていたため、イッセーにたびたび助言を行っている(ただし、機密事項なためD×Dメンバーでもイッセーぐらいしか知らない)。


作者曰く、某忍者漫画の主人公の担当教官的なポジション(小説4巻)。
尚、中の人はその漫画の登場人物の後輩にあたる某隊長と同じである。


余談だが、織田信奈にブラジャーを授けたのはこのヒト・・・かも!?


余談


 実は連載初期のD×Dは「三大勢力の戦争が本格的に再開する」という、原作の流れとは逆のパターンが予定されていた。

 その際、アザゼルはその流れにおけるボスを担当する予定であり、原作初期における堕天使陣営の極悪さは、その展開における一種の伏線の可能性がある。



関連タグ

ハイスクールD×D 兵藤一誠 リアス・グレモリー 姫島朱乃
バラキエル

アザゼル篤史(よんでますよ、アザゼルさん。):アザゼルつながり。同時期にアニメをやっていたので、彼がアザゼルさんと呼ばれるようになったとか。

関連記事

親記事

ハイスクールD×D はいすくーるでぃーでぃー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アザゼル(ハイスクールD×D)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18635

コメント