ピクシブ百科事典

アスラが裁く!

あすらがさばく

鼻氏によるオリジナル漫画。 寺生まれの少年と彼の相棒の神様見習いの「アスラ」、霊媒体質ヒロインの二人と一体によるオカルト・ホラー作品。 展開の熱さと、死生観の問いかけから来る感動が見どころ。
目次[非表示]

アスラが裁くとは、pixivユーザー氏によるオリジナル漫画作品である。

概説

鼻氏が自身のサイトに連載していたものを、pixivへ転載した作品。
基本的にサイト本家で公開したのち、pixivでの公開となっている。
→鼻氏のサイト
あしたのヤングジャンプニコニコ静画でも掲載中。


主人公の霊能少年と、少年の相棒で神様見習いの鬼神「アスラ」による修行の日々を描いたオカルトホラー作品。
見どころは何と言っても、商用漫画作品に引けを取らない内容の濃さと展開の熱さ、ときに不意打ちのように襲い来る死生観への問いを伴った感動の展開だろう。
あとアスラさんかわいい(重要)。

ホラー作品だけに幽霊のおどろおどろしさも迫力があり、荒いタッチの画風が、より不気味さを演出してくれている。
苦手な人は夜中に読まないように。

あらすじ

葉北高校の2年1組には阿部清弘(あべきよひろ)という問題児がいる。
日頃から授業も受けずフラつき、起こした騒動は数知れず。
そのクラスメイトで学級委員長の中村美幸(なかむらみゆき)は、どうにか清弘に授業を受けさせようと苦心する日々が続いている。

ある日、清弘が立ち入り禁止の屋上に向かうのを追跡する。
するとそこには勝手に動く日本人形と会話する清弘の姿があった。
清弘に「アスラ」と呼ばれる人形は、人形を依り代とする「神様」だという。
オカルトを信じない美幸は、アスラが手品で動く人形だと思っていたが、ストーカーの生霊をアスラと清弘に除霊してもらい、否が応でも信じざるを得なくなってしまう。

そして清弘により、自身が超特級の霊媒体質という事実を知らされ、清弘に半ば強引に彼とアスラの「修行」に加担する羽目になってしまい……。

登場人物

主要キャラクター

無題



阿部清弘(あべ きよひろ)
葉北高校2年1組所属の男子高校生。本作の主人公で、白髪と耳のピアスがトレードマーク。
素行不良でサボりの常習犯、起こした騒動は数知れず。そして「霊が見える」「鞄に人形を入れて歩いている」という不可思議なうわさが付いて回っている。
家は名の知れた退魔行の寺で、一応は後継ぎ。修行としてアスラを鞄に入れて連れ歩き、普段は家から来る依頼のために屋上で不浄霊の気配を探索し、放課後は除霊のために市内周辺を飛び回っている。
不愛想で寡黙。自身の興味のない物事は全く覚えない性質で、素行不良やサボりはこの性格が原因。一応猫を被るころはできるが、その際には180度違うくらい爽やかな好青年を演じる(しかし長続きしない)。
根っからの不良ではなく、性格的に不器用なだけで根は年相応。
アスラを相棒として大切にしており、接するときも普段は見えない世話焼きな一面をのぞかせる。一方で他人との接触を極力避けるきらいがあり、どうも幼少期に原因があるようで……?

中村美幸(なかむら みゆき)
清弘のクラスメイトで2年1組の学級委員長。本作のヒロインで、黒髪ロングの割と美少女。
大変に生真面目で、サボり常習犯の清弘をどうにか授業に出席させようと奮闘している。
清弘とアスラの修行を偶然に知ってしまい、さらにその日の放課後に自身に憑いていたストーカーの生霊を除霊されたことから、清弘とアスラと深く関わっていくことになる。
当初はオカルトを全く信じていなかったが、助けられてからは不承不承信じるようになった。同調した霊と記憶を共有できるほどの超特級の霊媒体質(霊視能力はない。ついでも変人も吸い寄せる)であり、兎角霊を寄せ付ける気質を清弘に目を付けられ、彼とアスラの修行に巻き込まれてしまう。
周囲からは清弘と「良い仲」だと勘違いされ、放課後は清弘を授業に出席させる見返りとして恐怖と戦いながら修行に付き合わされと、すっかり苦労人ポジションに。
ただ根は優しく芯が強いため、決して修行の補佐からは逃げず、時に不条理な死で不浄霊となった相手を思いやって涙するなど、清弘とアスラに少しずついい影響を及ぼしている。

アスラ
清弘の鞄に入っている謎の日本人形。本作の看板キャラクター。
普段は鞄の中にいるが、自立して動き回ることができ、宙を浮いて移動することもできる。
本来の名は「阿須羅之尊(アスラノミコト)」(より正確にはもっと長い)といい、人形を依代にしてになるべく修行を重ねるである。本性は清弘と同じ体格で、額に日本の角と尖った耳を持つ妖艶な姿をした美しくも恐ろし気な女の鬼だが、本来の姿はもう少し違う模様。
長いを無尽蔵に伸ばすことが出来、これで相手を束縛することを得意とする。本来の姿になると並の不浄霊では相手にならないほどの霊威を発揮するが、神として“慈悲を以って除霊する”ことを課せられているため、本来の力を見せることはない。
言葉を発することはないが、ときどき「くつくつ」を静かに笑うことがある。茶目っ気に溢れた性格をしており、劇中でもちょこちょこと動き回ってとてもかわいい
清弘はもとより、美幸ことを非常に気に入っており、美幸も彼女を「アスラさん」と敬称付きで呼ぶ。

葉北高校

2年1組

三宅まどか
美幸の友人。ギャル風の風貌の女子生徒。
良くも悪くもイマドキの女子高生であり、苦労する美幸を隣の席で見守っている。
清弘と美幸の関係にラブコメの波動を感じるらしく、二人をくっつけようと奮闘中。

佐原智之(さはら ともゆき)
伊達眼鏡をかけたチャラ男風の軟派な男子生徒。
明るくにぎやかだが、ナルシスト気味でちょっとウザい。
美幸に好意があり、よく馴れ馴れしく声をかけに行っているが相手にされていない。
美幸が清弘と一緒にいることを好く思っていなかったが、清水梅乃の一件以来、清弘を「きよっぺ」と呼んで親し気に接するようになる。

寺田先生
2年1組担任のおじいちゃん先生。
見た目通りに穏やかな人。

その他

隠岐すみれ
「葉北高校のマドンナ」と呼ばれる2年3組所属の美少女。
口元の艶黒子と緩く癖のある黒髪が目印で、女子高生離れした華やかな色香をまとっている。
実は清弘の元カノ(ただし清弘は不認定)。ある筋から鞄の中に人形を(アスラ)を連れ歩いていることを聞きつけ、半ば脅す形で一ヶ月ほど付き合っていた。
清弘に好意を抱いたのは本心からであり、それ自体に邪気はなかった。
なお交際中に一度寝込みを襲おうとしたが、セコム(鬼)の発動で未遂の終わった。

玄徳寺

清弘の実家。退魔行を執り行う寺として知られる。

阿部道舟(あべ どうしゅう)
今代の玄徳寺住職であり、阿須羅之尊を封じた張本人。
清弘の祖父で、彼にアスラとの修行を課した。
その筋では名の知れた僧侶であり、アスラを封じたことからもその実力の高さが伺える。
一介の行者として、また年功者としても一流だが、「win-win」を「wi-fi」といい間違えたり、孫やアスラからたまにぞんざいに扱われたりと、割とお茶目な面もある。

阿部法真(あべ ほうしん)
玄徳寺副住職で、清弘の叔父。
眼鏡に短髪、顎髭の渋いオジサマで、普段は道舟の付き人として動いている。

晩田(ばんだ)
玄徳寺の寺男(雑用係)。
穏やかな性格の男性で、本職は絵本作家。

その他

不動影踏(ふどう かげふみ)
本名を「芦屋道文(あしやみちふみ)」といい、西の退魔行一門「芦屋」氏の長子。
元は実家の寺・万尚院(まんしょういん)を継ぐはずだったが、心霊現象に魅入られて家出同然に出奔し、「心霊相談所」を個人で設立して心霊現象の解決と研究に邁進している。
大和広場に地蔵を設置した張本人で、自身が張った地蔵による結界を突破した存在に興味を持ち、清弘と美幸に接近してくる。
霊感を「臭い」として知覚する特異省力者で、その嗅覚の鋭さも犬並み。
愉快犯染みた人物ではあるが、霊能力者としては一級かつ良識的な研究者。旧安ヶ谷トンネルの怪異でアスラの本性に気づいて以降、彼女の正体と玄徳寺の目的を探り始める。

二階堂しの
不動影踏の秘書助手。影踏を「先生」と敬称する。
テンションアゲアゲな影踏に振り回されつつ、冷静にツッコむブレーキ役。
美幸が抱えていたアスラの入ったカバンに違和感を覚えるなど観察力は高いが、根が生真面目で善人であるため、そこを突いてくる怪異からの罠にはまだまだ耐性が低い。



鉤鼻で痩せぎすの童子。
安ヶ谷峠周辺を神域としていた、今は力を抑え込まれた土地神らしき存在。
旧安ヶ谷トンネルの怪異から、美幸を保護してくれた。
アスラの素性を知っており、彼女と何か因縁があるらしく、“再戦”を望むような発言をしている。



関連イラスト

第一話

【創作】アスラが裁く!



鼻氏によるイラスト

ハロウィンの日
無題



ファンアート

無題
!ファンアートです!



関連タグ

漫画 オリジナル漫画
ホラー 日本人形

pixivに投稿された作品 pixivで「アスラが裁く!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 187790

コメント