ピクシブ百科事典

アタールガン

あたーるがん

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。
目次[非表示]

概要

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。初登場エピソードは藤子・F・不二雄大全集2巻収録「アタールガン」。
拳銃型の道具で、弾に目が付いている為、狙った人物を追尾して必ず命中する。ただし判断力は高くない為、誤って別人を狙ってしまう場合もある。
それだけでなく弾は意志を持っており、他者と会話したり目から映像を投影することも可能。

作中ではドラえもんポケットから取り出した道具ではなく、彼が自ら紙やはさみ等を使用してこの道具を作り出している。

上記の名称はTC11巻収録「ドラえもん大事典」にて設定されたもので、上記の初登場エピソードでは名称は述べられていない。

派生作品

原作版(短編・大長編)では一回限りの登場だが、『ドラえもん』を題材としたゲーム作品には度々登場している。

『のび太と復活の星』ではドラえもん達が使用する武器の一つとして登場している。上記の通り弾が敵を追尾して必ず命中する為、非常に高性能な武器となっている。

『魔界のダンジョン』ではドラえもん達が使用する銃アイテムの一つとして登場している。作中では武器や銃に命中率が設定されており、この道具は命中率100%を誇る上に、威力も高めという設定になっている。

緑の巨人伝DS』ではのび太が使用する武器の一つとして登場している。水中でも使用可能であり(初期装備である「空気砲」は水中で使用出来ない)、弾が敵を追尾するものの、威力は低めという設定になっている。

関連タグ

ドラえもん ひみつ道具

関連記事

親記事

ひみつ道具 ひみつどうぐ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アタールガン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6

コメント