2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

初登場:『【メインストーリー】第6話「最強襲来」【アニメ】【漫画動画】(2020年4月7日UP)

「おっ、ちょうどだな。お前がホルスのヤローのDNAを継いだ人間か。」
「何も出来ずに死んで行け!人間!!全力で潰してやるよ。恐れおののけ、畏怖しろ。コレが冥府の守護神アヌビスの力だ」

概要

褐色の肌をした中性的な容姿をした少年。髪の色は黒。
その正体は、エジプト神話に登場するアヌビスそのものである。

プロフィール

本名アヌビス
誕生日??
一人称
身長152cm(人間体時)
体重??
好きな物粒々の入った缶ジュース
嫌いな物汚いもの、退屈
メモ好きな人が頭を撫でると喜ぶが、それ以外が撫でたら死
cv不明


性格・能力

作中ではトップクラスの戦闘力の持ち主であり、本人も『最強』と豪語するほど。(比較対象として、喧嘩ならホルス、殺し合いならアヌビスと本人が発言している)
強者が故に嘘はつかないと公言しており、欲しい物があれば暴力で解決するという理念を持っている。
人間体の他に、エジプト神話に登場する本来の姿を持っており、変身時は一時的に太陽を打ち消すことができる。

劇中の活躍

ストーリー編1章

  • 6話『最強襲来』

初登場回。
シディの中にあるホルスのDNAの影響か、彼を自分の元に誘き寄せる。
アヌビスはボティスが封印されている壺がトッププレデターに盗まれたと発言するが、シディはイーラから頼まれて壺を守っていた為、彼を簡単に信じることが出来ず、彼と対立することになる。
圧倒的な力でシディを追い詰めるが、それでも彼は「仲間の為に壺を渡すわけにはいかない」という発言に対し、アヌビスは「嘘つくなよ。お前、本当は仲間の事なんてどうでもいいだろ」と言い返すのだった。

  • 7話『陽狼の矜持』
前話での発言の意味とは、『シディは良い奴だがその力を無為に振るうことはないが、根底には自分が他の者より強いっていう意識が常にある。正論をよく言うシディだが、その正論を言うには人間は弱すぎる。その上、人間社会で育っていないシディは人の気持ちがわからなく、寧ろ煩わしさを感じている』と言うことであり、アヌビスはホルスから聞いて、彼の生い立ちを知っていたようである。
壺を渡すのを引き換えに彼の母親を探してあげると持ちかけるが、シディは「確かに人の気持ちがわからない。だが、人の気持ちを大切にしたい。分かろうとする事だけは諦めきれない。カゲチヨヒサメは自分にとって家族だ。」と言い、誘いを断る。
その発言に対してアヌビスは激怒、本来の姿に戻って彼を倒そうとするが、諦めの悪いシディだった為、「なんか冷めた。」と言い、壺を譲ることにする。
地球を去る際、「その壺は本当に自分の物だ。だったら、嘘をついているのは誰だ。」とシディに言い残した。


サブストーリー編(アヌビス編)

  • 1話『最強の護衛』

地球観光の際に、ホルスとよく似た少年『ユーロン』と出会う。ユーロンはとある人物に命を狙われているらしく、アヌビスは彼を仕方なく助けることになる。
ユーロンは「アイツからは絶対に逃げられない」と言うが、アヌビスは顔色一つ変えず寿司を食うなどを地球観光を続け、しばらくするとユーロンの命を狙う者が辺り一体を襲撃しながら追いかけてきた。
命を狙う者の名は、異宙人の『ヴァルキリー』。
アヌビスはヴァルキリーに攻撃しようとするが、何故かカウンターを喰らってしまう。
アヌビスはこれをピンチと見ず寧ろ楽しみの時間が増えたと言い、本来の姿に変化して戦いに挑む。

  • 2話『最強の敗北』
再び攻撃を試みるが、またもやカウンターを食らってしまい、変身も解けてしまう。
ピンチだと思ったユーロンが、ヴァルキリーに攻撃しようとしたのを庇い、腕に傷を負ってしまう。
流石にこのままだとヤバいと思ったのか、アヌビスはユーロンと共に一旦その場を去ることにする。
辺りに無いもない平原に逃げ込み、アヌビスは自分の攻撃が通らないのは、ヴァルキリーが『殺意の反転』という仕掛けを使ったのではないかと疑問に思うのであった。

  • 3話『最強の地球観光』
追いかけてきたヴァルキリーと再び戦い、その際に腕に仕掛けていた『殺意反転装置』を破壊したことで彼女に一撃が当てることに成功する。アヌビスはトドメを刺そうとするが、何故かまた攻撃を喰らってしまう。
何処に他の殺意反転装置を仕掛けたと思うアヌビスだったが、そもそも何で自分はヴァルキリーと戦っていると勘づき、ユーロンの腹の中に装置があることを見抜く。
どうやらヴァルキリーの計画は、ホルスに似た自分の子であるユーロンを使ってアヌビスを誘き寄せ、ヴァルキリー自身はユーロンを狙う暗殺者を演じ、アヌビスを殺す予定だったようである。
そもそもアヌビスが命を狙われたのは、過去にヴァルキリーの夫であったホルスを奪った事が今回の一連の原因であった。
そんなイカれた事をしてまで自分を殺そうとする彼らに、アヌビスはヴァルキリーに対しては腹を貫き、ユーロンは太陽に送り込んで殺害する。

事件解決後、地球を去ろうとするアヌビスだったが、そこにギバーが現れ、「自分達の仲間にならないか」と話を持ちかけるところで物語が終了する。

ストーリー編3章

  • 2話『神殺し』

前日談であるサブストーリー編(アヌビス編)の続きの物語である。
ストーリー編2章にて、サトウの「そんだけの力があって強くなろうとしねーのは怠惰なんじゃねーのか?」という発言に悩むシディの前に突如現れる。
アヌビスはシディを消すことが目的で現れたらしく、シディはヒサメと共に戦うが彼に敗北してしまう。
その後、シディの育て親である武者小路ゴブアツと戦うことになるが、アヌビスは彼が他のゴブリンと異なって強いと悟り、本来の姿に戻って戦うことにする。
ゴブアツは左腕を破損させられるが、それでも最後の力を振り絞ってアヌビスに一撃を与え、あと一歩の所まで追い詰めるが、アヌビスは気弾を放って彼を倒す事を成功する。

  • 5話『クラスの日陰より』
2話で倒したヒサメとシディをギバーに引き渡し、彼らをゲイザーを使用して潜在能力を解放しようと試みる。
ギバーは他にも行くべき所があった為、彼らが目覚めるまでの間、羊頭の女と待つ事を任される。



関連タグ

混血のカレコレ
シディ

  • 莉犬...ビジュアルや声優さんの演技も相まって、非常に似ていると言われている人物。

関連記事

親記事

混血のカレコレのキャラクター一覧 こんけつのかれこれのとうじょうきゃらくたー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 509

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました