ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

概要編集

赤唐辛子の入ったイタリアローマトマトソース

炒めた唐辛子とニンニクをトマトソースに加えて煮込んで作る。仕上げにバジルをのせたり他の具材も煮込んだりすることもある。

主にパスタソースとして用いられるがピザにも使われる他、日本ではあまり使われないが鶏肉をこのソースで煮込む料理もある。


アラビアータ(arrabbiata)とはイタリア語で「怒り」や「怒っている」という意味で、このため日本では『「怒りん坊風」という意味』として紹介されている。(実際にはイタリアでは「怒りん坊風」という意味合いでは使ってないらしい)

唐辛子を利かせているため、食べると怒ったように顔が赤くなることからこの名前がついたと言われている。


似たソースとしてフィレンツェカレッティエラ(御者風)があり、違いはカレッティエラにはバジルではなくイタリアンパセリをのせるのと、他の具材は入れない点がある(フィレンツェ以外では具が入っていたり、バジルかパセリかは決まっていない様なので二つの区別は割といい加減らしい)


現代ではコチュジャンで辛みを出した韓国風トマトソースも存在するが、アラビアータとは別物であり、ロゼクリームと呼ばれることが多い。


サイゼリヤでもペンネアラビアータが提供されているが、辛味を抑えたソースとボリューム感でかなり本来のアラビアータとは別物になっている。


関連リンク編集

アラビアータ - Wikipedia

関連記事

親記事

パスタソース ぱすたそーす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9570

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました