ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

トルコのヒッタイト神話に伝えられる蛇神
嵐の神プルリヤシュ(タル)を倒すほどの強大な力を持った海の支配者として描かれており、プルリヤシュは彼に倒すべく、大気の女神イナラシュに助力を求めた。そこでイナラシュはイルルヤンカシュを宴会に招いて泥酔させると人間の青年であるフパシャシュに退治させた。異説ではプルリヤシュの息子である半神がイルルヤンカシュの娘に婚姻して取り入り、イルルヤンカシュを退治したという。
アレ…?強大な神様なのにあっさりと倒されすぎじゃね?という疑問を持った貴方の勘は正しい。実はこの神、能力に反して出番が少なすぎるのである。上記の逸話には続きがあり、イナラシュはフパシャシュを大層気に入って夫にしたが、このフパシャシュには人間界に残してきた妻子がおり、彼女らが恋しくて仕方がなかった。イナラシュはそんな事は御構い無しとばかりに彼を監禁して、「私の目の黒いうちは返しませんからね?」とまでいう始末。フパシャシュは女神が席を外した頃を見計らって脱出を試みたが、女神にぶち殺されて死んでしまうというオチ。
つまりイルルヤンカシュの襲来は女神のヤンデレエピソードの壮大な前振りにしか過ぎなかったのである…。

フィクションでのイルルヤンカシュ

真4F HERO


真・女神転生デビルサマナーから龍族/龍神の悪魔として登場。渦潮が蛇の形を取ったかのようなデザインが特徴。ただし、得意な属性は作品によってバラバラであり、炎属性を使うこともあれば、氷属性を扱うこともある。
ちなみに、「Dx2真・女神転生リベレーション」では明らかに見た目が蛇であるにも関わらず、話しかけるとのような反応を返す。これでも一応、神話最強クラスの蛇神なのだが…。

系統:海首の青属性スピリット「イルルヤンカッシュ」として登場。

クロスボーン・バンガードの保有する宇宙移動要塞の名前がイルルヤンカシュである。
しかしその姿は何処からどう見ても・・・

関連タグ

蛇神 ドラゴン
ヤマタノオロチ/ヴリトラ/テュポーン:共通点が多い邪竜たち。ヤマタノオロチは神剣をドロップし、テュポーンはゼウスでも封印に止めるのがやっと、ヴリトラは毎年蘇るというおまけ要素付きだったが、イルルヤンカシュにはそうしたエピソードが全くない。

関連記事

親記事

メソポタミア神話 めそぽたみあしんわ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イルルヤンカシュ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61

コメント