ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避

ネットゲーム「マビノギ」の用語。エリン太陽(パララ)からくる、エネルギーの源と呼ばれているもの。エリン世界の全てに含まれるエネルギーのようなもので、生命力もエルグから発生するとされる。マナ(このゲームにおけるMP)をエルグに変化させることは可能だが、エルグはマナに戻らない。

エルグ強化とはいったいなんなのか・・


※他作品にも同名のキャラクターが登場するようなので追記や編集等お願いいたします。


概要(トリコ


CV.高橋広樹


美食會第一支部(調理補助チーム)支部長で、料理人最年長(かれこれ200年は生きている)であり、支部長の中では実力ナンバー1でもある為、もう少しでグルメ界へ行ける逸材とも言われている。


容姿は黒髪で、を含めた上半身包帯が巻かれており(これは自身の醜い素顔を三虎に晒したくない為で、幼い頃はその顔のせいで迫害を受けていた)、下半身は馬の脚と蹄がある(この馬はグルメ界に生息する伝説の幻獣で、八王の一角たる不老不死生物・馬王「ヘラク」……の子供のものらしい胴体で、それを自身と融合させた事で不老不死の体を得た。体型から考えてもヘラクの未熟児の子供の身体を奪ったと思われる)。


また、体がバラバラにされる程のダメージを負っても、瞬時に復活出来る(実際これは、万能細胞の再生機能によって、細胞がダメージを負って死滅する前に、自ら複製を作り出して新たな肉体を形成した為で、その再生の原理はプラナリアと同じノウダラケ遺伝子によるもので、厳密に言えば不老不死には当てはまらない)他、バラバラにされた肉体の破片全てを、本体に再生し自らを無数に増やす事も可能である。


クッキングフェス編ではブランチと対峙、上記の通りの驚異的な再生能力で一時は圧倒するも、ブランチの奥義「直列大帯電撃」で強力な電撃を体に帯電させられ、不死身の肉体が仇となって電撃を喰らい続ける羽目になり、遂に永遠に続く電撃にグルメ細胞が再生を諦め、素顔が明らかになってコンプレックスを吐露する。しかし、ブランチから「化け物だらけの自分のの中ではイケメンの部類」との言葉を聞かされ、それを刺激的な言葉と受け止めて、何度も咀嚼しながらのように散っていき、を迎えた。


なお、ヘラクの身体は上記の通り後付けであり、元は普通の人間のような姿であったようだ。仮に元人間だったとすると、これに加えブランチと戦ったことが、妖食界の住人の正体に関する伏線となっている可能性がある。


そして、第2部では成獣のヘラクが登場。奇しくもブランチの故郷、妖食界のすぐ近くでトリコを迎え撃つこととなる。

また、一部のNEOメンバーたちも動物と融合したような姿で登場するが、エルグと同じようにしたのかは不明。


なお調理補助チームは各チームが回収した食材を料理長の下で調理するのが役目だが、作中クロマドの会議には出席していなかった。

他二人の料理長(カリウボンレス)の下で料理していたのだろうか?上半身全てに包帯&ヘラクの下半身というビジュアルをまだ読者に見せたくなかったのだろうか?


更にトリコ役の置鮎龍太郎の2013年12月22日のツイートによるとエルグ役の高橋広樹氏はGTロボの声も兼任し、平泉成のような声だったとのこと。


関連タグ

トリコ 美食會 ケンタウロス


富江無限増殖する同類項だが、こちらは美女増殖出来る理由が不明

関連記事

親記事

美食會 びしょくかい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41914

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました