ピクシブ百科事典

エルグ

えるぐ

ここではトリコに登場するキャラクターを扱う。
目次[非表示]

曖昧さ回避

ネットゲーム「マビノギ」の用語。エリン(このゲームの舞台)の太陽(パララ)からくる、エネルギーの源と呼ばれているもの。エリン世界の全てに含まれるエネルギーのようなもので、生命力もエルグから発生するとされる。マナ(このゲームにおけるMP)をエルグに変化させることは可能だが、エルグはマナに戻らない。

※他作品にも同名のキャラクターが登場するようなので追記や編集等お願いいたします。

概要(トリコ


美食會第一支部(調理補助チーム)支部長で、料理人最年長(かれこれ200年は生きている)であり、支部長の中では実力ナンバー1でもあるため、もう少しでグルメ界へ行ける逸材とも言われている。

容姿は銀髪で、を含めた上半身包帯が巻かれており(これは自身の醜い素顔を三虎に晒したくないためで、幼い頃はその顔のせいで迫害を受けていた)、下半身は馬の脚と蹄がある(この馬はグルメ界に生息する伝説の幻獣で、八王の一角たる不老不死生物・馬王「ヘラク」(まだ子供のものらしい)の胴体で、それを自身と融合させた事で不老不死の体を得た)。

また、体がバラバラにされる程のダメージを負っても瞬時に復活出来る(実際にはこれは万能細胞の再生機能によって、細胞がダメージを負って死滅する前に自ら複製を作り出して新たな肉体を形成したためで、その再生の原理はプラナリアと同じノウダラケ遺伝子によるもののため、厳密に言えば不老不死というのには当てはまらない)他、バラバラにされた肉体の破片を全て本体に再生し、自らを無数に増やす事も可能である。

クッキングフェス編ではブランチと対峙、上記の通りの驚異的な再生能力で一時は圧倒するもブランチの奥義「直列大帯電撃」で強力な電撃を体に帯電させられ、不死身の肉体が仇となって電撃を喰らい続ける羽目になり、遂に永遠に続く電撃にグルメ細胞が再生を諦めたことで素顔が明らかになってコンプレックスを吐露する。しかし、ブランチから「化け物だらけの自分のの中ではイケメンの部類」との言葉をかけられ、それを刺激的な言葉と受け止めて何度も咀嚼しながらのように散っていき、を迎えた。

そして、第2部では成獣のヘラクが登場。奇しくもブランチの故郷、妖食界のすぐ近くでトリコを迎え撃つこととなる。

関連タグ

トリコ 美食會 ケンタウロス

pixivに投稿された作品 pixivで「エルグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28202

コメント