ピクシブ百科事典

カマプアア

かまぷああ

カマプアアとはハワイ神話の豚、農耕、海を司る男神。
目次[非表示]

概要

女神ヒナの息子であるといわれるオアフ島生まれの農耕を司る男神で、名前の意味は「豚の子供」である。
見た目はかなりの美男子であるが背中には剛毛が生え、マントをつけて隠している。
しかし、怒らせると正体である獰猛な八つ目の豚に化身し暴れまわるといわれ、その他には雑草やムフムヌクヌクアプアア(ぶうぶう鳴く角張った豚:タスキモンガラ)と呼ばれる魚にも化身することがある。

火山の女神である美しいペレに猛烈な求婚を行ったがペレは彼を「所詮は豚の子の豚だ」と侮辱。
これがきっかけで両者は争う事になるがカマプアアはペレを一蹴し、他の神々の仲裁あって二人は夫婦となる。
しかし、結婚したのちも両者の気性が合うことは無く夫婦喧嘩で噴火洪水などの天変地異を引き起こした。
ハワイ島の風下で乾いた土地プナなどはペレが、風上の湿った土地コハラ、ハーマークア、ヒロなどはカマプアアが支配したと言われ、これは火山による農地の破壊と再生を表していると考えられている。

ペレとの夫婦生活は、最後はカマプアアが気性が激しすぎるペレに愛想を尽かしたことから破局している。

ハワイを含めたポリネシア全域ではタロイモの農耕と、残渣を使った豚の飼育が農業として重要視されていたことを示す神格であると言われている。

なお、雄豚は先祖であるイノシシの形質を多く残しており、成熟すると背中に剛毛と鋭い牙が生える(近代の養豚では子豚のうちに牙を切除し去勢する)。限定された島の生態系では野生化したものが大型化し、猛獣として恐れられており手足を食いちぎられる場合もある。そのため狩りで倒した者は牙で身を飾り勇者であると尊敬された。
そのことも、この神格の成立に影響していると思われる。

なおハワイでは豚は日本の妖怪譚の化け狸妖狐のように、人を化かすといわれている。
関係があるか不明だが、日本の亜熱帯地域である奄美大島沖縄では、豚の妖怪の伝承が数多く伝わる。

創作の扱い

初出は『デビルサマナー』で種族は”神獣”。ハワイ王の兜を被り、マントをつけた二足歩行の茶色い豚として登場した。

ペレの神核をインストールした存在BBペレとなったBB(水着)のスキル「黄金の豚の杯」として登場。エクストラアタックはブタ型のボールのダンクシュートである。
※メイン画像左も
緑髪の手足にタトゥーを持つ美男子。

南の島


大きく曲がりくねった6本の牙を持つ豚。
  • スカイロック
豚の獣人。火属性の攻撃を得意とする。
  • ようとん場MIX
ポリネシア調のタトゥーのある神々しいイベントハント限定の豚。
  • ぼくのドラゴン
イノシシの群れで、味方の能力値をUPさせる力を持つ。

関連タグ

ハワイ ポリネシア神話 ペレ
 イノシシ カワハギ

pixivに投稿された作品 pixivで「カマプアア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28

コメント