ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

マリオシリーズに登場する回転する刃の付いたノコギリ。
初出はスーパーマリオワールド
基本的に倒せない上に見た目が完全に無機物なため、敵キャラというよりは仕掛けの類であるが、
1のバブルや3のクッキーから分かる通り、
昔のマリオシリーズは見た目無機物のような敵にもちゃんと敵キャラとしての名前がついていた(今でも付けられている)。
(特にGB作品の6つの金貨にて顕著に見られる)
ただ、同じ無機物系統のファイアバーは仕掛け扱いであり、スーパーマリオワールドのグルグルは攻略本では敵キャラ扱いだったが、スーパーマリオ百科では仕掛け扱いであり、キャラの扱いには不安定な部分がある。

主な登場作品

・SFC「スーパーマリオワールド
初登場作品。迷いの森の砦、チョコレート島の城にて登場。
レールに沿って回転している他、レールの無いものは地を走ったり、高所からマリオめがけて飛んでくるものもあり、かなり物騒である。スピードも速め。
GBAでリメイクにされるまでは砦や城が再チャレンジできなかったため、貴重な存在であった。
なおスピンジャンプで踏むことが可能。

実は、本作では坂滑りで倒すことができる。三角ブロックを使えば可能な他、マント飛行から着地して滑っても倒せる。倒した際のグラフィックは用意されておらず、外見がバグる。
後述するが、マリオメーカーでは無敵でも倒せない他、レールを動くのが遅かったりスピンジャンプで踏めなかったりと原作より厄介である。

・3DS「スーパーマリオ3Dランド
なんと21年経って本家マリオに再登場。デザインも変更された。
今回は木材の床を切って落とそうとするなどノコギリらしい仕事をするようになった。

・3DS「NEWスーパーマリオブラザーズ2
2Dアクションゲームに戻ってきた。
今回はレールに沿う人生を送ることになる。
大と小の2種類のサイズがある。

・WiiU「スーパーマリオメーカー
つくるマリオにも登場。地面に配置してもワールドのように地を這わなくなったが、ワールドのスキンでもスピンジャンプで踏めない(ヨッシークリボーの靴で踏める)などの変更がされている。また、大きさもかなりでかい。
レールに配置してもいいが、WiiUスキンで壁に配置して壁ジャンプを妨害させるという嫌らしい使い方もできる。

2015年12月22日のアップデートにて、ガリガリを振るとどこから触れてもマリオをバウンドさせる「マルマル」に変貌するようになった。
中が空洞になっており、敵キャラを配置することもできる。また、挟まれても圧死しないため、ステージ作成の幅が広がった。

なお、本作は初代スキンにのみ登場する細いスーパーキノコを取ることで変身できるガリガリマリオというものがあり、単にガリガリと言うとそっちの方を指しているととられる可能性がある。

続編のSwitchソフト、「スーパーマリオメーカー2」でももちろん続投。オブジェクトを振って変化させる手法が廃止になったため、マルマルとは別枠になった。

近縁種

・ノコギリ(スーパーマリオワールド)…アスレチックコースでレールに沿って移動しているノコギリ。ガリガリよりも細長いが、大して恐れることはない。また、ヨッシーに乗っていれば踏める。
・ワキリ(6つの金貨)…床や天井を這う回転ノコギリ。見た目は完全にガリガリである。
・タテノコ(6つの金貨)…シャフト上を移動するギザギザのカミソリ刃。
・ヤシチ(6つの金貨)…シャフト上を移動する手裏剣のような回転歯。

関連タグ

クッパ軍団
ノコギリ

関連記事

親記事

クッパ軍団 くっぱぐんだん

兄弟記事

コメント