ピクシブ百科事典

ゴットン・ゴー

ごっとんごー

ゴットン・ゴーとはアニメ「機動戦士ガンダムZZ」の登場人物。

CV:戸谷公次

「ZZなんて怖くない、怖いのは格下げだけだー!!」

概要

ネオ・ジオンの士官。マシュマー・セロキャラ・スーンの副官を務める。
主な乗機はガ・ゾウム
グリプス戦役終結後、巡洋艦エンドラの副官として、コロニー「シャングリラ」の制圧任務に就く。
人質を取ったり、裏工作をするなど卑怯な作戦立案を得意とする彼だったが、上官のマシュマーは独自の騎士道精神を重んじ、己の美学に反する行動を決して行おうとしなかった。
そのため二人の意見は食い違うことが多く、作戦行動に支障を来たすこともしばしばあり、ゴットンの苦労も多かった。
失敗の続いたマシュマーが更迭される際、必死で引き止めるグレミー・トトとは対照的にマシュマーをあっさりと見限り、新しい上官のキャラに鞍替えした。
上司が代わって喜んだのも束の間、キャラはモビルスーツに乗ると性格が豹変し、好戦的になったり、エンドラをドック艦ラビアンローズにぶつけたりなどエキセントッリックな行動で更にゴットンを苦労させた。
コロニー「ムーン・ムーン」においてキャラはアーガマの捕虜となり、乗艦のエンドラも撃沈され、グレミーの傘下に入る。
エンドラの生き残りクルーらと共に「エンドラ隊」を結成。
とうとう自身が指揮官となるが、いい上司に恵まれなかったのが災いしてか破天荒な指揮を執ることもあった。
第21話で、スパイでありトーレスの幼馴染でもあるセシリアの裏切りにより、ゴットン自身が持たせた時限爆弾の爆発に巻き込まれ死亡した。


小説版のふたり


なお、小説版では死亡しておらず、キャラ・スーンと駆け落ちした模様。


関連タグ

機動戦士ガンダムΖΖ ネオ・ジオン
マシュマー・セロ キャラ・スーン
グレミー・トト セシリア

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴットン・ゴー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4798

コメント