ピクシブ百科事典

シュガー・マウンテン

しゅがーまうんてん

ジョジョの奇妙な冒険 第7部「スティール・ボール・ラン」の登場人物。

「全て」を敢えて差し出した者が、最後には真の「全て」を得る

概要

ミシガン湖畔にて「聖人の遺体の一部」を守る大木の中で生活する少女。
目が不自由らしく、杖をついて移動する。

かつて父親が「泉」に斧を落とし、日没までに金の斧を使い切れなかったペナルティにより、両親とともに長い間“木の実”にされていた。
そして「番人」の順番が回ってきた時、近くを通りかかったジョニィジャイロを次の“木の実”にするため、泉に誘い込む。

見た目は10代だが、長年(推定50年)“木の実”にされていたため、実年齢は66歳ぐらいとされている。

「おかっぱ頭の少女」「盲目」「ルールを持ったスタンド」など、第8部東方大弥とは共通点が多い。

スタンド 『シュガー・マウンテンの泉』

正確にはシュガーのスタンドではなく、遺体を守る大木のスタンド。
シュガーはその番人(守り神)をさせられているにすぎない。

大木の傍にある「泉」に物を落とすと、さながら童話「金の斧銀の斧」のように別の高級な物になって返ってくる。

ただしそれらの高級品は、「その日の日没までに使い切らなければならない」というルールが存在する。
もしそのルールを破った場合、例えどこにいても身体が根と化し、大木の“木の実”になってしまう。
“木の実”にされた人間は、大木の番人の役が回ってくるまで待ち続けることになる。

また手に入れた物を使うことに関しては、何らかの取引行為でなければならず、捨てたり他人に贈与したような場合でも木の根化がスタートしてしまう。

pixivに投稿された作品 pixivで「シュガー・マウンテン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53183

コメント