ピクシブ百科事典

シュガー・マウンテン

しゅがーまうんてん

ジョジョの奇妙な冒険 第7部「スティール・ボール・ラン」の登場人物。本名ではなく泉の番人としての名前である。
目次[非表示]

「全て」を敢えて差し出した者が、最後には真の「全て」を得る

概要

スティール・ボール・ランレース6th,Stage序盤のミシガン湖畔にて「聖人の遺体の一部」を守る大木の中で生活する少女。
目が不自由らしく、杖をついて移動する。
さながら豪華な人形遊びの如く、大木内部を家に見立てて生活しており、キチンと玄関や部屋が線引きで定められている。そのため、誰かが玄関以外の場所から入ろうとしたりすると大慌てで阻止する。

かつて父親が「泉」に斧を落として「金の斧」を手に入れたが、日没までに使い切れなかったペナルティにより、両親とともに長い間“木の実”にされていた。
そして「番人」の順番が回ってきた時、近くを通りかかったジョニィジャイロを次の“木の実”にするため、泉に誘い込む。

見た目は10代だが、長年(推定50年)“木の実”にされていたため、実年齢は66歳ぐらいとされている。そのためか見た目に似合わず非常に達観した口調をしており、表情の変化も最小限である。

「おかっぱ頭の少女」「盲目」「ルールを持ったスタンド」など、第8部東方大弥とは共通点が多い。

スタンド 『シュガー・マウンテンの泉』

【破壊力 - E / スピード - E / 射程距離 - E / 持続力 - A / 精密動作性 - E / 成長性 - E】

正確にはシュガーのスタンドではなく、遺体を守る大木のスタンド。
シュガーはその番人(守り神)をさせられているにすぎない。
ジョジョの世界にたびたび登場する、「人間の意志を越えた超自然現象」とでも言うべきスタンドの一つ(5部のローリング・ストーンズや、8部のミラグロマンが分かりやすい類例)。ジョニィはこのスタンドを、「遺体を手に入れられるかどうかを試す「悪魔の手のひら」」と解釈した。

大木の傍にある「泉」に物を落とすと、さながら童話「金の斧銀の斧」のように別の高級な、そして大切な物になって返ってくる。そして番人の「どちらを落としたか?」という質問に正直に答えれば、その物品を手に入れることができる。作中では札束や金塊などの分かりやすい高級品から、果てはジャイロがウサギの両耳を落とした結果、「聖なる遺体の両耳部」が手に入った。

ただしそれらの品々は、「その日の日没までに使い切らなければならない」=「全てゼロにしなくてはならない」というルールが存在する。もしそのルールを守れなかった場合、例えどこにいても身体が根と化し、大木の“木の実”になってしまう。
“木の実”にされた人間は、大木の番人の役が回ってくるまで永久に待ち続けることになる。
また手に入れた物を使うことに関しては、何らかの取引行為でなければならず、捨てたり他人に贈与したような場合でも木の実化がスタートしてしまう。実際、イカサマのギャンブルで金を使い切ろうとしたジャイロが危うく木の実化しかかっている。
だが取引として成立してさえいれば、等価交換であったり証明が必要だったりという制約はない。

この「使い切らなくてはならない」品々の中には「聖なる遺体」も含まれている。つまり傍から見ればバラバラ死体のミイラにしか見えないもの(しかも複数)さえ正当な取引のうちに処理してしまわなければならない。ましてや全ての遺体を手にしようとしているジョニィ達にとってはまさしく無理難題であり、時同じくして現れた11人の男達の脅威と合わさり彼らを大いに苦しめた。

品物を使い切れずに“木の実”になってしまった人間達が助かる方法はただひとつしかない。
それは、誰かが「ゼロにする」という試練を達成すること。
たとえ何者であろうと泉の試練をクリアしたものが現れれば、番人も“木の実”の人々も全員が泉から解放される。
最終的に作中では、ジャイロが金目のものを全てばらまいてその場にいたチンピラを雇い11人の男達を撃退。そして最後に一人生き残った男とジョニィが、所持していた「遺体」全てと、飲みかけの安ワインを交換したことで、「ゼロにした」と見なされ試練クリアとなった。
全てを失った二人が降りしきる雪の中、一つだけ残されたワインで乾杯をするシーンは、必死に戦い続けてきた彼らの喪失感をひしひしと感じさせる味わい深い一コマとなっている。

余談

この泉のストーリーで最後に彼女が語る「「全て」を敢えて差し出した者が、最後には真の「全て」を得る」という言葉は、「遠回りな道こそが最も近い道」と合わせて、7部の物語を通して語られる巨大なテーゼであり、「結果だけを追い求めるのではなくその過程こそが最も大切なもの」というジョジョシリーズ全体の命題にも通じている。

過酷な運命は、誰の人生にもあるかもしれない。そして時には、自分の全てを奪い去ることもあるだろう。
だがそのとき、絶望しきって膝を屈し這いつくばるのではなく、運命を憎み強欲に最短距離を行こうとするのでもなく、残された身ひとつを奮い立たせて一歩ずつでも前に進む者こそが、最後には真に価値あるものを得ることができる。
7部の物語を最後まで読み終えたときにこそ、読者諸兄はこの言葉の真の意味を知ることになるだろう。

関連記事

親記事

SBR すてぃーるぼーるらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シュガー・マウンテン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 91516

コメント