ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

同名のゲームが複数存在するが、中でも有名なR-18格闘ゲームについて解説する。

ハッカーインターナショナル

1993年にDOS/Vで「ストリップ・ファイター」が発売。
1994年にはPCエンジンで「ストリップ・ファイターII」がハードメーカー非公認の不認可ソフトとしてリリースされた。

異様としか思えない技の数々、カクカクしてぎこちない戦闘中の動き、グラフィックに統一感の欠片もなく、脱衣シーンに至っては実写を加工したような異様なまでの濃さ。
格闘ゲームとしても破綻しており、色んな意味でまともなゲームとは言い難い。
台湾C&E製のMS-DOS用ソフトウェア「Super Fighter(快打至尊)」をゲームエンジンとして流用しており、元からして「ストリートファイターII」の効果音などを流用した劣悪なゲームである。

こんな出来であるにもかかわらず、不認可とは言え家庭用ハードで販売されてしまったことによりキワモノソフトとしての知名度を得てしまった。

StudioS

2008年に同人ゲーム「ストリップファイターIV」が発売。
「伝説のパロディ格闘ゲームをさらにパロディ」と銘打って「ストリップ・ファイターII」を「ストリートファイターⅣ」風にパロディした作品。
以降はそのまま名前を受け継いでシリーズ作品として展開、2016年には「Ⅲ」をすっ飛ばして「ストリップファイター5」を発売した。
その経緯ゆえに「ストリップ・ファイターⅢ」は存在しない…はずだったが、2020年、「ストリップファイター3~街頭裸王 参~」が発売。
本家シリーズのパロディだった前作までとは違い、まさかの海外産ファミコンパチモノ格ゲーのパロディ作品となっている。
ジャンルゆえリョナ描写が多いため、エロのジャンルとしては好みが分かれるが格闘ゲームしての完成度は高く、「5」は全年齢版も発売されている。

ファイター一覧

日本古来より女系一族の中で発展した流派、氷家・凍殺拳。
その中でも最強とうたわれる凍殺拳の正統後継者・ユキ。
「強さとは何か?」
その答えを求めるべく今日も強者達と拳を交える。(紹介文は4のもの

地下プロレスラーとして絶大な人気を誇るブラジル産のレスラー。
もはや彼女のFIELDはリングだけではなく世界の異種格闘技に向けられていた。
力だけでは勝利は無いと感じたアマンダは本当の死闘を求め流浪の旅に出る。
数年前、ユキとの勝負であと一歩のところで敗北したマーサ。
更なるトレーニングと実践重ね再戦することを決意した。
身体中の傷が増えるたびユキに近づいていると感じながらユキとの再戦を心待ちにしている。
「借りは返すぜ、ユキ。」
ニーナは退屈していた。
闇セレブ達の中でもトップクラスの存在である彼女にもはや欲するものは何もない。
そんなアンニュイな午後、下僕から気になる情報を耳にした。
─異形の者が無差別に女を襲っている─
「私がバケモノ如きにどうこうされるわけがないわ。不愉快ね。」
薔薇の花が舞い散る午後の庭園には下僕達の鳴き声と恍惚なニーナの高笑いがこだましていた…
闇の暗殺者集団「黒蛇衆」その総統ゼウスはメドゥーサにある命令を下した。
「異形の存在の抹殺」
近頃、無差別に女を襲う謎の存在が確認された。
その女の正体を暴き、抹殺する為メドゥーサは旅立った。
少しばかりの野望を携えて…
初代格闘大会王者の母がある日、ベラに言った。
「世界に目を向けよ、そして強敵(とも)と出会え。」
1ミリも言葉の意味が分かってないベラだったが、意味が分かるまで帰ってくるなと言われ、渋々旅に出るのであった。
  • サキュバス(4はファイター、5はインキュバスの召喚キャラ)
長年の眠りから覚めたサキュバスは女性の精気を求めていた。
ある日凄まじい闘気が渦巻く格闘大会の会場にたどり着く…。
「フフフ…ここなら…我を満たしてくれるであろう。」
狂気の宴が今始まった。
  • S(4,5)
闇格闘家「S」
闇格闘技大会 BATTLE SLAVE の頂点に立つ男。
今日も己の欲求を満たす為、獲物を探す。
闘いを極めし戦士達のみが所属する闇の国営防犯組織の一員。
鍛え抜かれた躰から繰り出される技は稲妻の如き威力を誇る。
邪悪な者の存在を察知した組織の命により闘いの場へと向かう。
今から3000万年前、大陸が一つの塊だった頃…
現代人とは異なる種族が繁栄していた。
彼らはパンゲアに巨大な帝国都市を…(以下略)
そして今日もマリは闘い続ける!!
  • アル(4,5)とベル(4はファイター、5はアルの召喚キャラ)
この世に生み出された時、二人には約束された未来があった。
しかし、それはいつの間にか崩れ去った。
失われた未来を取り戻すため二人は闘い続ける。
大和魂で全てを解決する熱血女軍人。
「キャンプテン サヤカ」
数々の戦場を乗り越えてきた彼女は闘いに飢えていた。
そんな時、ストリップファイトの噂を耳にし参加を決意する。
謎の組織StudioSにより開発されたメイドロイド「阿久女イク」
ご主人様の命令により、ストリップファイトに参加することに…
しかし、そこにはイクを狙う怪しい影があった…
阿久女イクの熱狂的信者。
イク以外のロイド系を賞賛する者(俗称「G系」)は絶対に許さない。
阿久女イクを自分のモノにすべくストリップファイトに参加を決める。
伝説の格闘技「カラリパヤット」とマットプレイを組み合わせたまったく新しい格闘技「泡艶拳」の使い手。
オイル、ローション、ソープ等、あらゆる潤滑液を使い、快楽で相手をノックアウトする恐ろしい格闘技。
「痛いだけのバトルなんてつまんない!もっと楽しくやろっ♪」
ブーメランと実戦空手道を組み合わせた全く新しい格闘術「風神拳」の使い手、翔子。
風神拳こそ最強の格闘術と言う事を世に知らしめるために闘う。
「うおぉぉぉ!!風神拳の強さ、見せてやるぜぇぇぇ!!!」
トレジャーハンターミンク。
世界中のお宝を求めて闘う冒険者。
かつて倒したモンスター、
トレジャースピリッツを仲間に従え、世界を駆け巡る。
そして豪華な賞品をもらえると聞きつけ格闘大会に参加する。
「賞品は誰にも渡さない!行くよ!トレジャースピリッツ!」
くノ一少女、かすみ。
両手に光る猫爪で無邪気に敵を切り刻む猫娘。
とにかく楽しい事を探しに里を離れ街に降りてきた。
「にゃっ!?格闘大会?おもしろそうだにゃ!さっそくあたしも参加するにゃー!」
迅雷流拳法の使い手、美紀。
かつては地下格闘大会に参加させられ、地獄の日々を送っていた。
そんな過去を振り切るがため、格闘大会への参加をきめる。
「過去の自分を乗り越えるため、私は闘う!!」
中国拳法の使い手、リーヨン。
強気で自信家の彼女の周りにはトラブルが絶えない。
今回も自分の拳法が最強という事を証明するために大会に参加を決意した。
「フン、みんなたいした事なさそうアルね…優勝はいただきアル!」
諜報機関「SSS」に所属するレイラ。
「ネオヒューマノイドが大会に参加だと…絶対裏に何かある…!」
大会の裏に隠された策略を暴くべくレイラは大会への参加を決めた。
強化人間、ネオヒューマノイド。
人間が創り出した最強の戦闘種族。
兵器として創られた彼らは、
自我に目覚め人間に対して戦争を仕掛けていた…
全ての人間を滅ぼすまで彼らは止まる事知らない…
世界女子ヘヴィー級チャンピオン「アマンダ」を師に持つ、新世代レスラー「嵐子」。
これまで様々な格闘家と異種格闘技戦を繰り広げ活躍をしてきた嵐子であったが、イマイチ、プロレス最強のイメージアップにつながらないことに不満を持っていた。
「師匠~、なんかプロレスが最強だってアピールできる方法ってないっすかね~?」
そう言って嵐子が、師・アマンダに相談を持ち掛けてきた。
「そうだな…これなんかどうだい?」
アマンダが差し出した紙には見慣れぬ格闘技大会の告知が記載してあった。
「こいつはありとあらゆる格闘家と闘える格闘大会さ、今のアンタにはうってつけかもね。」
「マジッスか?!そりゃーいいッスね!さすが師匠!早速行ってきます!」
嵐子は、いてもたってもいられず、エントリー会場へと向かったのである…
「オッシャー!プロレスが最強だって事…証明してやるんだからー!」
女性格闘家・ティナ
彼女が格闘家になったのには理由があった…
「忘れもしない、第17回武礼火亜頭格闘大会、決勝戦…」
ティナの兄は、試合が始まる直前に謎の失踪をしたのであった。
「この世のありとあらゆる格闘技大会に出場し、勝ち進むことできっと
あの事件の手がかりに近づくことができる…待ってて…兄さん…」
ティナは兄の失踪の真相を探るべく、今日も自慢の足技で闘うのであった
最高流空手創始者である父が何ものかに倒された…。
父の訃報を受けてからというもの、父の無念を晴らすべく、怨念じみた気迫で修行を重ねてきたひびき。
「どこのどいつだかわからねぇが…オヤジを倒したヤロウは必ず探し出す!」
父の仇を探すため、今日もひびきは戦い続ける!
ここはとある研究施設
「お父様!ワタクシ、淫魔と呼ばれる化け物の研究を始めようと思いますの。」
そう勇ましく声を発したのは、世紀の天才博士の娘「シュトロ」であった。
「ほぉう…我が愛しき娘、シュトロよ!面白いことを言い出すな!」
やかましいほどの声を発する父親と思わしき男性の前で少女はおもむろに白衣を脱ぎだす。
「ナァアアアアニイイイイイイ?!我が娘よッ!突然服を脱いでどうしたのだ?!う、狼狽えるな!吾輩は狼狽えないッ!」
明らかに狼狽える父をあざ笑うかのように白衣を脱ぎ捨てた少女、しかしその白衣の下には驚くような姿が隠されていた。
「お父様!ワタシクは研究のため、淫魔に対抗すべく、自らこの身体を戦闘用に改造したんですの!今日から宇宙最強の科学力の体現者となって見せますわ!」
どこまでもエキセントリックなわがままお嬢様は、サイボーグODC-005として生まれ変わったのだった。
ここは日本のとある住宅街…
業者のトラックが不幸にも黒塗りの高級車に追突してしまう。
「がしゃああん」
追突された黒塗りの車からスーツをラフに着こなした女が出てきた。
「ぅぉいぶるぁああああ!テメェ免許もってんのかコラァ!」
事故を起こした業者に絡むこの女性こそ、下北沢で裏の汚い仕事を一手に請け負う’’下北沢野獣会’’の女リーダー・クラサワである。
「クソが…、最近下北沢野獣会の威厳も薄れてきている気がするぜ…こいつぁいっぺんウチらの力ってやつを見せつけなけりゃァいけねぇか…」
下北沢野獣会をかつての無法者の集まりへと若返らせるため、暴力に覚えのある連中を求め大会への参加を決意した。
酷く澱んだ空気と臭気の空間の片隅で、影がうごめいた…
「サキュバスを討った人間か…興味深いな…。」
「数百年ぶりに私も道楽に興じてみるとするか…なぁ…サキュバスよ。」
「…フン」
2つの影は静かに姿を消した…

関連タグ

アダルトゲーム R-18

関連記事

親記事

アダルトゲームのタイトル一覧 あだるとげーむのたいとるいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ストリップファイター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19940

コメント