ピクシブ百科事典

ターボマン

たーぼまん

ターボマンとはロックマンシリーズに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

ターボマンとは、ロックマン7及びロックマンエグゼ バトルチップGPに登場するキャラクターである。

概要(ロックマン

DWN.056
ロボットのパーツを使い果たしたDr.ワイリーが、昔自分の乗っていた自動車を改造して造った。
エネルギーはガソリンで、それを攻撃にも使うため、かなり燃費が悪い。
システムが不完全ではあるものの、自動車に変形できる能力を持つ。
炎の弾を車輪状に並べて転がす「バーニングホイール」が特殊武器。
「自らが光速に近づく」というテーマで造られたクイックマンをスピード勝負で打ち負かした事がある程のスピードを持つ。
向こうは一種の時間操作能力も絡めて速度を高めているというのに、それを単純なガソリンエンジン駆動で凌駕するとかコイツどんだけ滅茶苦茶な馬力してんの、って言うかワイリーどんだけ無茶な車に乗ってたのっつー話だが、まぁこまけぇこたぁいいんだよ!!
ただし車輪走行の宿命として悪路には弱い。ゲーム的に見ても(一旦変形して走り出しさえすれば、確かに滅茶苦茶速い突進を繰り出すものの)ターボマン自身はむしろあまり動きの多くないボスであり、戦闘中絶えず走り回って跳び回っていたクイックマンの、完全な上位互換足り得るかどうかはちょっと疑問である。
ただし、コイツに電撃を与えると帯電して暴走し動きが凄まじくなり手が付けられなくなる。もしかして元々はハイブリッドカーだったのでは・・・

ステージについて

ステージは、「ロックマン」のファイヤーマンステージにある下から飛び出す火柱のトラップがひしめいている箇所と、「ロックマン2」のクイックマンステージにある横から飛び出すレーザービームをモチーフにした触れると即死する横から出てくる火柱のトラップの箇所がある。
これを読んだだけでも大体想像はつくと思うが、ステージの難易度は高い。
地味に嫌なものとして、天井に吊り下げたタイヤが手前に移動してくる+トゲ地帯があり、タイヤに当たるとダメージは受けないがロックマンが跳ね返されてトゲに落ちるというイライラするものである。
さらに、このエリアはそこを乗り越えたと思ったら、ある箇所に大きめの隠し落とし穴がありそこに落ちると隠しルートを通って隠し部屋に行くのだが、そこにはスタート地点でいきなり襲いかかってきたトラックジョーが待ち受けている。倒してから部屋を脱出するもステージ前半に逆戻り・・・隠しアイテムがあるわけではなく嫌がらせの隠し部屋でしかないのである。

小ネタ

身長187cm・体重127kg

ネタバレになるが、彼の弱点はクラッシュノイズであるが実はある事をするとターボマンが何もできずに爆発四散する。
それは少々シビアであり部屋に入ると同時にクラッシュノイズを放つと部屋の中で一直線で跳ね返りを繰り返し(こうなると成功)、彼のライフが上昇すると同時にクラッシュノイズが当たるとそのまま爆発四散する。実はスプリングマンでも可能。
(ちなみに原因は、ライフの上昇より先にダメージ判定が起き、ライフが0になるため)

実は、バイザーに2つの瞳が浮かぶ所謂“カメラアイ型”の元祖である!

ロックマン・ザ・パワーバトル」における彼のステージでは、本来の彼の曲ではなく「7」のOPステージの曲が流れる。

使用技

ステージの難しさに反してボスはさほどでもない。7に多い完全ローテーションボス。
「パワーバトル」でも攻撃パターンはほぼ一緒。

バーニングホイール

垂直ジャンプしながらロックマンに向けて炎の車輪を放ってくる。放たれたホイールは地面→壁を駆け上り、ロックマンの居た位置を誘導して残り火を落とす。
本家ではスライディングで、パワーバトルではジャンプでターボマンに向かって回避した後、ある程度引きつけてターボマンと逆側の壁に向かってスライディングすれば残り火もかわせる。
食らうと連続ダメージを貰うので威力は高いが、レバガチャでダメージを軽減できる。
パワーバトルでは「バーニングホイール!」と技名を叫ぶ。

吸い込み

風を起こしてロックマンを吸い寄せる。
何か他の攻撃を被せてくる事もない上、この技のみチャージショットで怯ませて中断させる事が出来る。
パワーバトルでは中断させられない代わりに吸引力が落ちている。

クラッシュドライブ

車に変形して無敵状態になり、突進する。
突進のタイミングは一定ではないが、説明書にも「目よりも耳で避けろ」と書いてある通り、「キキキキ→ゴオッ→ブオオオン」と3段階に音を発するので「ゴオッ」というワンクッションを目安にジャンプすれば飛び越せる。
ファンによってリメイクされた「FCロックマン7」では「キキキキブオオオン」とワンクッション無しに直接突っ込んでくるようになったので単純に反応速度が求められるようになり、相対的にターボマンの8ボス内での強さランクは向上している。

入手武器

バーニングホイール

炎の車輪を打ち出す。
威力は高いが、射出タイミングが独特、壁に当たると割れる、燃費が悪い、連射も当然不可と扱いは割とデリケート。
シェードマンステージの燭台に火を灯したり、スラッシュマンステージで山火事を起こして隠し通路を発見したり出来る。
ボス戦ではバーストマンスラッシュマンが弱点としていて炎上する怯みモーションがある他、怯みこそないもののフリーズマンにも大きなダメージを与えられる。

弱点武器

クラッシュノイズに弱く、当てるだけで攻撃パターンが著しく単調化する。
当然チャージ版のダメージはかなり大きく、チャージする猶予もあるので初心者でも簡単にハメられる。
説明書の文章では「騒音ロボット」と「音」というキーワードがヒントとして掲載されている。
逆に前述の通り、サンダーストライクを使うと一定時間手がつけられなくなる。

概要(ロックマンエグゼ

初登場はロックマンエグゼ バトルチップGP。
熱斗に憧れる小学4年生、轟快太の操る自動車型ネットナビ。
真っ赤に燃え盛る車輪を敵にぶつける「ターボホイール」が必殺技。
快太の父が昔乗っていたフォーミュラマシンがモデル。
ロックマン7のターボマンと違い変形しない。

関連イラスト

ロックマン

ターボマン
DWN.056。


ロックマンエグゼ

ターボホイール(全ツイカ20)
LET'S DRIVE.



関連タグ

ロックマン ロックマン ロックマンエグゼ 自動車

関連記事

親記事

ロックマン7 ろっくまんせぶん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ターボマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 102515

コメント