ピクシブ百科事典

ダーク・ミヤビ

だーくみやび

ダーク・ミヤビとは、「ロックマンエグゼ」シリーズのキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:小野健一

初登場はロックマンエグゼ2。
裏の世界では有名な傭兵兼暗殺者。

金で雇われ、あらゆる任務を必ずこなす凄腕のネットバトラーとされているが、あまり姿を見せないためその詳細は謎に包まれている。

ロックマンエグゼ6に登場するダーク・キリサキは彼の弟子である。

公式資料によると祖国は日本

作中での活躍

ロックマンエグゼ2

ネット犯罪成功率ほぼ100%の実績を誇るテロリスト。
ネットマフィア「ゴスペル」に雇われ、自身のナビであるシャドーマンを使ってアジーナスクエアを壊滅させたあと日本のマリンハーバーにある科学省のマザーコンピューターにターゲットを定め行動。
しかしロックマンを始めとしたオフィシャルネットバトラーの活躍でシャドーマンは倒され、計画は頓挫した。
尚、会話で顔アイコンはあるのだが、後姿なうえ全体的に黒みがかっており、はっきりとした顔だちは不明だった。

ロックマンエグゼ トランスミッション

エンディングの最後に「?」の顔アイコンでシャドーマンとの会話で登場する。
シャドーマンとの会話で金ヅルだった教授に見切りをつけ、新しい依頼主であるネットマフィア「ゴスペル」からの依頼内容(この部分は会話中に明言されていないが、恐らくアジーナスクエアの壊滅と思われる)をシャドーマンに伝えて会話は終わりゲームは終了。
そして「ロックマンエグゼ2」へ続くのだった...。

ロックマンエグゼ5 チームオブカーネル

バレルに雇われチームオブカーネルに所属する。かつて自身のナビを倒した光熱斗を見極めるためナイトマンの「思考」、「言語」、「移動」、「攻撃」の4つのプログラムを奪い、科学省エリアでロックマンを待ち受け彼とネットバトルを行い敗れる。
そして熱斗とロックマンの力を認め、チームに参加。今度は「ネビュラ」打倒のためにシャドーマンと共にリベレートミッションに挑む。
今作で姿が描かれるようになった。

ロックマンエグゼ(アニメ)

第三期で初登場。
戦国時代から暗躍する忍者集団ミヤビ一族の末裔。ワイリーから以前デリートされたシャドーマンを授かっている。
金のためならどんな依頼でも受けるが、仕事人としてのプライドは高く、強盗をする同業者を良く思っていない。また、貯めた金は自分が主と認めた人間のために使おうとしている。
ネオWWWのテスラ・マグネッツの依頼で熱斗とロックマンを亡き者にしようとするが、熱斗に「主の器」を見出し、彼らの抹殺を中止する。後にクロスフュージョンのメンバーに入る。
また、第五期では過去に授かったシンクロチップをワイリーに返却しようとしたことをきっかけに、コピーロイド工場跡地を隠れ家として酒を飲み交わす仲になっている。
終始シリアスでギャグ要素皆無だったゲーム版とは異なり、熱斗のママからのもてなしにたじろぎ、
「お、お構いなく・・・」と多少コミカルな面も見せた。

関連タグ

ロックマンエグゼ ロックマンエグゼStream

pixivに投稿された作品 pixivで「ダーク・ミヤビ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5616

コメント