ピクシブ百科事典

弾道ミサイルの追加保有の制限を行う第一次戦略兵器制限条約(SALT I)によって核兵器の運用に制限が生じるが、無人有翼航空機である巡航ミサイルであれば条約に違反しないことから、条約に違反しない核兵器を求めたアメリカにより開発された。
潜水艦の発射管を用いる小型ミサイル案を元に開発され、後に海上艦からの発射が可能なように仕様が変更されている。
統合巡航ミサイル計画によりアメリカ空軍と海軍が共通の技術を用いた巡航ミサイルとしてAGM-86 ALCMと一部の部品を共用化している。

潜水艦発射型のUGM-109の他、水上発射型のRGM-109に地上発射型のBGM-109(撤去済み)、空中発射型のAGM-109(開発中止)が存在している。
空軍ではトマホークではなくグリフィンと呼ばれた。
地上発射型はINF条約(中距離核戦力全廃条約)での射程が500kmから5,500kmまでの弾頭の種類を問わない地上発射型のミサイルの廃棄を受けて撤去されている。

2017年において、日本自衛隊でも導入が検討されており、日本版トマホークも開発の方針で政府では議論が進められているという。

2019年、ロシアのINF条約違反に対する措置としての同条約の失効を受けてアメリカにおいて地上発射型の発射試験が行われた。
撤去されたBGM-109と同じものであるが、INF条約が有効であった間も試験は例外となっていたことからRGM-109の陸上発射試験は行われていたため、試験自体はINF条約失効に合わせて行われた既存のものを使用したパフォーマンスとみる向きもある。
なお、核攻撃型トマホークミサイルは既に全廃済みとなっている。

性能

本体

全長(ブースター除く)5.56m
翼幅2.67m
直径0.52m
速度880km/h
射程(RGM/UGM-109E/H)3,000 km
エンジンターボファンエンジン

ブースター部分
全長0.69 m
直径0.52m
重量270kg
エンジン固体推進ロケット
※wikipediaより

関連タグ


トマホーク巡航ミサイル 1発の価格:90万ドル

関連記事

親記事

巡航ミサイル じゅんこうみさいる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「トマホークミサイル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23635

コメント