ピクシブ百科事典

ドリーム50

どりーむごじゅう

かつて本田技研工業が製造・販売していたオートバイ。車両そのものの評価は高かったものの公道向けのモデルは僅か3年で製造が終了した。

ドリーム50は、1997年~2000年に掛けて本田技研工業が製造・販売していた排気量50ccのオートバイ。

概要

いわゆる原付バイクの1種だが、このクラスには珍しい空冷DOHC単気筒エンジン、細いタイヤにスポークホイール、これもまたスマートなデザインのタンクにシート、テールカウルといった構成の「レーサーレプリカ」である。
1960年代風の。
デザインの礎石となったのは1962年に登場した50ccのレーシングマシン『CR110カブレーシング』。

ドリーム50は、よく回るエンジンに気合いの入ったスタイルでコアなファンから人気を博したが、当時30万円を超える価格は原付バイクとしては高価だった上に、公道でエンジンの実力を発揮させようにも30km/hの制限が課されていたため、熱心なファンからは歓迎された一方で、「何故こうなったのか?」と問われる苦しいものでもあり、評価が大きく分かれる存在であった。

とはいえ、メーカーが1960年代のレーシングバイクのスタイルを忠実に再現したバイクを売り出すことは極めて稀であることや、一世を風靡したレーシングマシンを忠実に量産バイクに落とし込んだことは特筆すべきである。

公道向けのモデルは発売から僅か3年後の2000年に製造が打ち切られたが、公道向けモデルと同時に発売されたサーキット向けの『ドリーム50R』は2009年まで販売されていた。

HONDA dream50

関連記事

親記事

本田技研工業 ほんだぎけんこうぎょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ドリーム50」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 870

コメント