2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ニグン・グリッド・ルーイン

にぐんぐりっどるーいん

ニグン・グリッド・ルーインとは、丸山くがね著のライトノベル『オーバーロード』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

CV:子安武人

概要

スレイン法国の特殊工作部隊六色聖典が1つ、『陽光聖典』の隊長。

人物像

人類統一を掲げるスレイン法国の邪魔となるものは容赦なく排除するなど、その忠誠は確かなもの。
更に部下の統率力にも優れ、状況に応じた冷静な判断が取れる、経験豊富で優秀な隊長である事が窺える。

しかしそれは所詮上っ面だけのものであり、作中では自身の命が危うくなると部下を見捨てて命乞いをするなど、隊長として情けない小物感を見せてしまった。

容姿

ニグン


顔立ちは人ごみに埋もれてしまう様な平凡なもの。しかし、感情を感じさせない人工物の様な黒い瞳を持つ。

頬に大きな傷痕が見受けられるが、これはかつて行った亜人集落の掃討の際に遭遇した『蒼の薔薇』のリーダー、ラキュースに付けられたものである。
治癒魔法で治す事なく、敗北への戒めとして敢えて残している模様。

信仰系魔法詠唱者(マジック・キャスター)のため、鎧ではなく金属糸で編んだ衣服鎧を着ている。複数のポーションを嵌めたベルトと、マントを羽織っている。

また、陽光聖典は肉体的にも優れている事が要求されるためか、かなり筋肉が隆起している。

強さ

叩き込むッ!


漆黒聖典には及ばないが、第四位階までの信仰系魔法を使いこなす優秀な魔法詠唱者。

召喚したモンスターが強化されるという『生まれながらの異能(タレント)』を所持しており、自身の主力である第四位階の召喚天使“監視の権天使(プリンシパリティ・オブザベイション)”の能力で部下達を強化し、魔法攻撃や召喚天使の前衛による物量戦で畳み掛けさせていた。

しかしアインズには前述の戦力はまるで歯が立たず、切り札である『魔封じの水晶』に込められた魔法で“威光の主天使(ドミニオン・オーソリティ)”を召喚し、相手のカルマ値が悪に偏っているほど威力が増す第七位階魔法『善なる極撃(ホーリースマイト)』を直撃させるも、ほんの極僅かなカスダメージを与えただけで部下共々なす術なく捕えられてしまった。

ちなみに作者のTwitterに来た、「ニグンさんって結局のとこどれ位の強さなんでしょうか?」という質問に対し、作者は「かなり強いです。ですが英雄にはなれません」と答えている。
そもそも予備役も入れて100人程度のエリート部隊の隊長を務めているニグンは、人類では最高位に近い強さがあり、WEB版ではギガントバジリスク単独で戦う事が可能だと言われている。

結果こそ手も足も出ずに敗れたが、実は何気に転移後の世界においてシャルティア以外でアインズの上位無効スキルを突破し、更にはダメージまで与えた初の存在だったりする。

召喚した天使

  • 炎の上位天使(アーク・エンジェル・フレイム)

部下の陽光聖典隊員らが召喚する、『上位天使』クラスの召喚天使。物理耐性・炎の翼や光の剣による近接攻撃・飛行能力などを併せ持った前衛戦士タイプ。
複数体召喚され、魔法詠唱者ばかりで構成された陽光聖典の前衛・壁役として機能していた。

  • 監視の権天使(プリンシパリティ・オブザベイション)
ニグンが自身の主力としている、『権天使』クラスの召喚天使。権天使クラスの中で最も守りに秀でた防御特化の個体で、自身が戦闘行動を取らない限り視界内に収めた全ての味方の防御力を強化するスキルを有しており、陽光聖典の強さを支える要となっていた。

  • 威光の主天使(ドミニオン・オーソリティ)
法国から出立前に授かった『魔封じの水晶』から呼び出した、『主天使』クラスの召喚天使。転移後の世界では最高位の天使として扱われており、人類では到達不可能な第七位階の信仰系魔法を行使する。
武器である杖を破壊する事で、一度だけ自身の魔力を大幅にブーストする事が可能。魔神を単騎で滅ぼすなどの伝説を残していたが、アインズにとっては単なる雑魚だった。

作中の動向

初登場時はリ・エスティーゼ王国戦士長ガゼフ・ストロノーフ抹殺の命令を受け、手始めにガゼフをおびき寄せるべく、幾つもの村を部下に蹂躙させていた。
しかし、カルネ村を襲撃させていた所に異世界へ転移して来たばかりのアインズが乱入し、村を襲っていた法国兵の殆どが殺される。

そして罠だという事を承知でカルネ村へとやって来たガゼフと対峙し、圧倒的な戦力差の前にあと一歩の所まで追い詰めるが、その直後に予めガゼフに渡しておいたマジックアイテムの力でガゼフと入れ替わったアインズが参戦。上述の通り惨敗し捕縛された。

その後はナザリックに身柄を移され、拷問の末に陽光聖典の所属者ら全員にかけられていた、『特定の状況下で質問に三度答えると死亡する呪い』によって死亡した(アニメでは捕らえられずに、アインズによってそのまま殺された模様)。

だがアインズがアンデッドの媒介として使用したため、戦闘実験などで消滅していなければ、今なおナザリックや魔導国のどこかにいる可能性がある。

WEB版

WEB版ではガゼフ抹殺の命を受けていないため、アインズとの遭遇を免れている。

そもそも彼が登場したのは、大虐殺以降の『学院編』からとかなり後の方であり、大量に増えたゴブリンの村を襲撃するために、漆黒聖典隊員の“一人師団”クアイエッセと協力していた。

MASS FOR THE DEAD

第四章から登場。イアンが持ち帰った主人公の報告を聞き、その実力を称え礼も兼ねて主人公らを法国本部へと招待した。
その際に主人公らと模擬戦を行いソーイと引き分けるが、主人公らがわざと実力を隠している事を見抜く。

人間至上主義を標榜するスレイン法国で神官として育ち、元々は他の者同様亜人種を敵対視していたが、この現状においてその価値観と思いが大きく揺らいでいる
主人公が果たして人間の味方になるのか、それとも敵対するのかを思案し、引き続きイアン達に調査するよう命じた。

第七章では『三国会談』の最中に訪れたエ・ランテル周辺の異変と危機を誰よりも早く察知した後、三国合同チームを指揮し防衛線を立て直す等、回を増すごとに書籍では分からなかった彼本来の有能ぶりが判明していき、こちらもプレイヤーの好感度を大きく上げている

余談になるが、ニグンの担当声優が子安武人氏で部下のイアンが小野坂昌也氏という、ファンの間ではお馴染みの奇跡のコンビが再現されている。
作中の2人は上司と部下の関係であると同時に互いを強く信頼し合っており、違うゲームのファンからゲームが違う!とネタにされている。

余談

メタ的に言えば彼はアインズの魅力を引き出すためのかませ犬でしかなかった訳だが、アニメにおける担当声優の子安武人氏の怪演が見事にハマった事から、チョイ役にも拘わらず人気がある

関連タグ

オーバーロード(アニメ) スレイン法国 六色聖典

関連記事

親記事

六色聖典 ろくしょくせいてん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38752

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました