ピクシブ百科事典

ネビュラバグスター

ねびゅらばぐすたー

ネビュラバグスターとは、『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL』に登場するバグスター怪人。

概要

ネビュラガスを浴びたバグスターウイルスが突然変異した姿。
ネビュラガスの影響で頭頂部が白くなり、通常のバグスターウイルスよりも戦闘力や感染力が増大。特に感染力が非常に強力で、感染していない人間でも触れられるだけであっという間にネビュラバグスターへと変貌し、その数はネズミ算式に増えていく。

ビルドの世界の兵器ではほとんど歯が立たず、エグゼイドを始めとしたゲーマドライバーを装着した仮面ライダーで初めて対処が可能になるため非常に厄介なバグスターウイルスであり、本来ならば打つ手は全くなかった。
しかし最上魁星の計画に反発していた葛城巧が、並行世界移動装置「エニグマ」を事前に使ってエグゼイドの世界に渡り、エグゼイドから変身能力を成分として保管していた。そのエンプティボトルを石動美空が浄化したことでドクターフルボトルとゲームフルボトルが完成し、その二つのフルボトルを使ったレジェンドミックスフォーム・エグゼイドフォームが誕生。ようやくビルドも対処する事が可能となった。

また、その高い感染力から無尽蔵と思われていたが、このバグスターの本質はエニグマのエネルギー源となる事であり、魁星はネビュラバグスターの数が減らされる事を嫌っていた。

最終的にはエニグマの破壊による世界融合が阻止されたことで、全滅したものと思われる。

関連タグ

仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL

バグスターウイルス 最上魁星

コメント