ピクシブ百科事典

「オレの名はネロ・トル・スカエウァ!貴様の力、利用させてもらうぜ!」
CV:北沢力

概要

ガレマール帝国第ⅩⅣ軍団の幕僚長でガイウス・ヴァン・バエサルの部下。
優れた機工師であると共に戦闘能力も高く、自らが開発したガンハンマー「ミョルニル」を振う。
「~なンだよ」など、台詞の「ん」がカタカナで表記される独特の訛りを持つ。

シド・ガーロンドとは同期であるが、彼が天才と持て囃され、自分の実力が認められないことに強いコンプレックスを抱いており、シドを超える研究を完成させることに執心している。
加えて根っからの知識欲、探究心にあふれる性格故に世界を未曽有の危機に陥れるような兵器にさえ手を出すマッドサイエンティスト的な気質の持ち主。
一方シドの実力に関しては誰よりも認めており、彼と協力するときには抜群のコンビネーションを見せる。

ガイウスがアシエンを介して入手した古代兵器「アルテマウェポン」の調整を任され、アルテマウェポンの絶対的な力を以て自分の力を世界に、そしてシドに見せつけようと目論む。
プラエトリウムに侵入した光の戦士たちを足止めし、アルテマウェポン起動までの時間を稼いだ後は何処かへと消え、行方知れずとなる。

その後、クリスタルタワーを調査する光の戦士たちの前に再び姿を現す。
ガイウスが倒れ、敗残兵扱いとなったネロは本国に戻って処刑されるくらいならばとフリーランスの機工師になり、エオルゼアを放浪していたのである。
クリスタルタワーに秘められた技術に興味を持ったネロは半ば強引に調査団に加わり、結果としてシドと協力することになる。
途中、クリスタルタワーの鍵を握るウネを庇ってヴォイドに浸食されてしまい、闇の世界に取り残されかけるもシドに助けられた。

「紅蓮のリベレーター」では神龍への対抗策としてオメガを起動する際に現れる。
シドと共にオメガ起動に携わり、その圧倒的な力に大喜びしていたが、オメガが制御を受け付けずに行方知れずとなったため、その動向を追うことになる。
その後、「次元の狭間オメガ」においてガーロンド・アイアンワークスの臨時社員として雇われたことが判明し、次元の狭間で謎の実験を繰り返すオメガの調査に中心人物として関わる。

関連タグ

FF14 ガレマール帝国 ガイウス・ヴァン・バエサル シド(FFシリーズ) オメガ(FF)
ガフガリオン…過去作で同じ訛りを持つキャラクター。

関連記事

親記事

ガレマール帝国 がれまーるていこく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ネロ・トル・スカエウァ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 944

コメント