ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「オレの名はネロ・トル・スカエウァ!貴様の力、利用させてもらうぜ!」
CV:北沢力

概要

種族はガレアン人。
ガレマール帝国軍第XIV軍団の幕僚長でガイウス・ヴァン・バエサルの部下。
優れた機工師であると共に戦闘能力も高く、自らが開発したガンハンマー「ミョルニル」を振う。

「~なンだよ」など、台詞の「ん」がカタカナで表記される独特の訛りを持つ。
ファンからの愛称は「ネロさン」。

性格は、一言でいえば皮肉屋かつ毒舌家。
根っからの知識欲・探究心にあふれ、承認欲求の強さもあって、世界を未曽有の危機に陥れるような兵器にさえ手を出すマッドサイエンティスト的な気質の持ち主。
しかし意外にお人好しな所もあり、憎めないキャラである。

シド・ナン・ガーロンドとは同期。
しかし彼が天才と持て囃され、自分の実力が認められないことに強いコンプレックスを抱いており、「シドを超える研究」を完成させ、認められることに執心している。
一方シドの実力に関しては誰よりも認めており、彼と協力するときには抜群のコンビネーションを見せる。
「紅蓮秘話」第8話「少年たちの魔導展」では、帝国時代の若き二人を巡るエピソードが紹介されている。

ガイウスがアシエンを介して入手した古代兵器「アルテマウェポン」の調整を任され、アルテマウェポンの絶対的な力を以て自分の力を世界に、そしてシドに見せつけようと目論む。
プラエトリウムに侵入した光の戦士たちを足止めし、アルテマウェポン起動までの時間を稼いだ後は何処かへと消え、生死不明となった。








ネタバレ









その後、光の戦士たちの前に「異国風の男」なる名で再び姿を現し、モードゥナの「クリスタルタワー」の調査に向かうよう勧める。
この時はマスクを被っていて解らない(しかし言葉遣いでバレバレ)状態だった。
ガイウスが生死不明となり、ネロは「敗残兵として本国に戻って処刑されるくらいならば」とフリーランスの機工師に転身。自分の知的欲求を満足させる「オモチャ」を探してエオルゼアを放浪していた事が、その口から語られる。

古代アラグ帝国の技術の結晶たるクリスタルタワーに興味を持ったネロは、以後強引に調査団に加わり、その結果シドと協力することになる。
その途中、クリスタルタワーの鍵を握るドーガとウネを(技術目的とは言いながら)庇って闇の世界に落ち、二人を守る中でヴォイドに浸食されてしまった。
その後、闇の世界に残ったドーガとウネが元の世界に戻る為の扉を開き、脱出しようとするがあと一歩及ばない……という所で、ギリギリで駆けつけたシドにより救助。
脱出時にドーガから返されたエーテル測定器を「目に見えるものが全てではない」という言葉を受けて投げ捨て、夜明けを見届けて姿を消してしまう。
しかしシドからは「友人としての見立てだが、あいつはもう大丈夫だろう」と苦笑された。

紅蓮のリベレーター」では神龍への対抗策としてオメガを起動する際に現れる。元々オメガに関しては「オモチャ」として目をつけていたらしい。
国の関係を左右してきたオメガ投入をためらう同盟指導者らに対し、「そこの英雄様にすべてを押しつけて、成功すりゃおだてて終い、失敗したらすべておじゃんってか?」と舌鋒鋭く指摘。決断を下すきっかけを作った。
シドと共にオメガ起動に携わり、その圧倒的な力に大喜びしていたが、オメガが制御を受け付けずに行方知れずとなったため、その動向を追うことになる。

紅蓮メインクエスト終了後、会長代行のジェシーによってガーロンド・アイアンワークスの臨時社員として雇われ、颯爽と登場。ちなみに自分の事を「大型新人」「褒められて伸びるタイプ」と語っている。

レイドコンテンツ「次元の狭間オメガ」では中心人物の一人。
ギラバニア辺境地帯に墜落したオメガが「ヤーンの大穴」の奥底で異空間を形成したのを受け、調査に向かう。
次元の狭間で「最強の存在を証明する」実験を繰り返すオメガの調査に関わり、シドと共に光の戦士を支援し続けた。
紆余曲折の果てにオメガとの決着をつけた後は「長期休暇」と称して姿を消し、様々かつ莫大な経費をシド名義で切った領収書を押しつけている。中には「ネロさンへの多大なる感謝の気持ち代」なんてのもあり、シドをマジギレさせた。
更に勝手に経費を使って新装備「スカエウァシリーズ」を開発、ロウェナ商会に横流ししている。なおスカエウァシリーズは紅蓮当時の最上級装備の一つであり、改めて彼の技術力が高い事が解る。

漆黒のヴィランズ」では、未来で起きる「第八霊災」において生き延びた数少ない一人。
シドや協力者達と共に数十年をかけ、晩年まで「第八霊災をなかった事にする為の方法」を模索し続けた事が「漆黒秘話」第3話「第八霊災叙事録」で語られる。

関連タグ

FF14 ガレマール帝国 ガレマール帝国軍第XIV軍団 ガイウス・ヴァン・バエサル シド・ナン・ガーロンド オメガ(FF)
ガフガリオン…過去作で同じ訛りを持つキャラクター。

関連記事

親記事

ガレマール帝国軍第XIV軍団 がれまーるていこくぐんだいじゅうよんぐんだん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ネロ・トル・スカエウァ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12341

コメント