ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

Gウォリアー

じーうぉりあー

MMORPG「ファイナルファンタジー14:漆黒のヴィランズ」に登場する有人巨大ロボット。
目次 [非表示]

概要

ファイナルファンタジー14の拡張ディスク「漆黒のヴィランズ」の追加パッチVer5.3「クリスタルの残光」で登場した巨大竜人型兵器。全長は10~15mほど。


素体となっているのはアラグ帝国の空飛ぶ遺跡「魔大陸アジス・ラー」でガーロンド・アイアンワークス社が発掘した、アルテマウェポンに連なる機体「アルテマウォリアー」。

発掘後は調査目的で保管されていたが、アルテマウェポンの後継機であるウェポンシリーズガレマール帝国軍第VII軍団が開発していると聞き及び、有人兵器として修理・改修されて実戦投入された。

主な改修点は頭部のリンクパール通信機能を有したブレードアンテナの増設、エーテル刃を形成する手持ちのサーベル状兵装を格納するための腕部ウェポンラックの増設などが挙げられる。

また改修に当たっては解析できなかったブラックボックス部分を徹底的に排除して再構成されており、多少の機能低下は見受けられるものの、アルテマウェポンより格段に高い信頼性を実現している。

他にもリミッターを解除して高速行動できるブーストモードと、正4面体の結界を機体周囲に作り出すバリアーモードの、2種類の特殊機能が搭載されている。

背部にはガーロンド・アイアンワークス社自慢の飛空艇を元にした大型ブースターが装備されており、単独での飛行を可能とする。ただし航続距離は短い。


ウェポンシリーズ開発の前線基地がある「ウェルリト」への電撃強襲作戦が初陣。

パイロットはシドの見立てで主人公である「光の戦士」が搭乗。

未完成だったサファイアウェポンと海上戦をこなし、見事これを打倒した。

だがこの戦闘での消耗によって再度調整が必要になり、続くエメラルドウェポンとの戦いでは投入は見送られた。


Gセイヴァー

〇〇したかったヒカセンその①

ウェポンシリーズの開発に関与していたアウラ族のアヴィリナの情報提供によって強化されたGウォリアーの改良型。

ダイヤウェポン捕獲を前提に設計されており、Gウォリアー自体をコアユニットとし、その背部に巨大なウェポンコンテナを接続。コンテナ下部には3基の大型推進装置が接続されており、これによってGウォリアーの火力・機動力・航続距離の大幅な強化に成功している。

ウェポンコンテナには多数の誘導ミサイルが積まれている他、乗員輸送スペースや、接舷した対象を捕獲するために魔導フィールド発生装置などが備えられている。また工作用として、ドリルと丸鋸が装備されている。

何このロマン兵器。


本機は2機目のGウォリアーもとい、Gセイヴァー2号機(赤色)と共にダイヤウェポン捕獲作戦に投入され、2号機と共にダイヤウェポンを拘束、ウェポンコンテナ上での戦闘に持ち込んだ。

ちなみに2号機は元々、ダイヤウェポンの捕獲には2機のGセイヴァーが必要とあって、急遽予備パーツから組み上げられた予備機だった。もちろん、性能は1号機に劣るものではないが、こちらは建造を主導していたネロによっていつのまにか赤く塗装されており、塗りなおす時間もなかったためにそのままになっている。


パイロットは、従来のパイロットである光の戦士がウェポンコンテナ上での戦闘を要請されたため、ガイウスが代理で操縦し、2号機にはシドが搭乗した。


ちなみに名前の「Gセイヴァー」とは、ダイヤウェポンの捕獲と搭乗者の救出を主目的としているため、ウォーリアー(戦士)ではなく、セイヴァー(救助者)という意味を込めて名付けられた。


パッチ6.4ではウァレンスの影武者であるプロコピウスによって2号機が強奪されるが、光の戦士とガイウスの活躍で奪還に成功する。


仕様

機体概要

HP(耐久値)600000
EP(エーテル値)10000
頭部索敵能力に優れたデュアルアイ式レーダーを採用。改装に伴い、リンクパール通信用のブレードアンテナを追加。
腕部ウェポンマウントとしての機能を搭載し、追加兵装「エーテルサーベル」が利用可能。
背部ガーロンド社の飛空艇技術を応用したブースター・ユニットを装備。自立飛行能力により、航続距離は短いながらも洋上戦闘が可能。

兵装

エーテルカノン威力に劣るが、エネルギー消費がなく、射程が長い。
エーテルサーベル主力兵装。「エーテルサーベル」「エーテルスラッシュ」「ファイナルフラリッシュ」のコンボで単一対象を切り刻む。
アルテマバスター前方の直線上の敵を光線で薙ぎ払う。
エーテルマイン両腕からエーテル球を叩きつけ、攻撃目標とその周囲を対象に防御能力を低下させる。
自己修復耐久力の4割とエーテル値の3割を即座に回復する。一度使用すると25秒のクールダウンが必要。
ブーストモード一時的に機体の出力を高め、敏捷性と機動性を強化するが、使用中は常に機体に負荷がかかり続ける。発動時、機体が赤く発光する。
エーテルバリア防御フィールドを展開して、機体へのダメージを軽減する。使用中はエネルギーを消費し続ける。

余談

FF14初の主人公が乗る巨大ロボットということで、開発スタッフの悪ノリが散見される。

搭乗中の主人公の台詞は「ガンダムシリーズ」のオマージュだったり、さらには「レディ・プレイヤー・ワン」のオマージュも入っていたりする。

そのためヒカセン達からは「ガーロンダム」などと呼ばれたりしている。


成り行きでパイロットとなった光の戦士だが、出撃時にノリノリで台詞を言ったり、エメラルドウェポン戦にGウォリアーが投入できないと言われた際に露骨にがっかりしたりしている。

結構気に入っているのだろうか…


Gセイヴァーの発表時、その姿や戦い方がMAなガンダムを彷彿とさせたため、Twitter上では一時期、「デンドロビウム」というワードがトレンド入りを果たした。

ちなみに、ダイヤウェポン戦でGセイヴァーのパイロットとなったガイウスの中の人は、よりによってそのデンドロビウムのライバル機パイロットを演じていた。


パッチ6.4「玉座の咎人」内の「漆黒の将に繋がれ、大繁盛の輪!」をクリアすることによって、Gウォリアーについての詳しい説明を受けたり、一緒にSSを撮ることができるようになる。


関連項目

ファイナルファンタジー14:新生エオルゼア 漆黒のヴィランズ

アラグ帝国 アルテマウェポン(FF14)


パイロット :光の戦士ガイウス・バエサル(Gセイヴァー) 、シド・ガーロンド(Gセイヴァー2号機)

メカニック :シド・ガーロンド/ガーロンド・アイアンワークス社

オペレーター:ガイウス・バエサル

A.I.S別MMOにおいてプレイヤーが搭乗可能なロボット。

関連記事

親記事

アラグ帝国 あらぐていこく

兄弟記事

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました