ピクシブ百科事典

バタフライナイフ

ばたふらいないふ

バタフライナイフはナイフの一種である。
目次[非表示]

ナイフの一種。
グリップ(握り)がシース(鞘)を兼ねており、グリップがタテに二つに割れ、その中に刃が収納される。このグリップの開閉動作が蝶のはばたきを思わせるため、バタフライナイフの名がついた。

嵩張らないためポケットなどに入れて簡単に持ち運べ、片手で開閉できるのが利点だが、変形機構のせいで耐久性は低い。また刀身形状もナイフよりはダガー寄りの物が多いため、一般的なナイフの用途である切削には向いていない。

一説にはこのナイフはスティレットの流れを汲む喧嘩・決闘用の小型刺突刃物の一種として開発されたと言われている。

とあるドラマで木村拓哉が使用していたために当時日本で大いに流行した(劇中でナイフアクションをして見せたのも原因と思われる)
が、どんなにカッコよくてもナイフは凶器と成り得る。
ナイフ一本あれば子供でも人を殺せるということは留意すべきであろう。

なお、日本の現行法では特別の理由無く持ち歩くことが禁止されている。
護身用では持ち歩く理由として認められないので注意。

関連タグ

短剣 武器 刃物 暗器 短刀
バリソンタガログ語で「蝶」の意味を持つ商品名

非関連タグ

胡蝶刀:名前のみでバタフライナイフとの関連は無い

外部リンク

バタフライナイフ - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「バタフライナイフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45297

コメント