ピクシブ百科事典

バルサミドーム

ばるさみどーむ

GBA専用ビデオゲームソフト『トマトアドベンチャー』(2002年)に登場する架空の地名。※メイン画像はイメージです。
目次[非表示]

概要

スーパーキッズの一人チェキダが作り、統治しているゲージュツ(芸術)の街。
最初に訪れた時点ではまだ完成はされていないが、
ドームの全てが(そしてドーム自体が)ゲージュツとなっており、
住民も皆がチェキダのゲージュツによる影響を受けて、ゲージュツキッズを名のるキッズも多い。
この街は、実は鏡写しのようなの2つの街でできている。
名前の由来はバルサミコ酢

ワールドマップからバルサミドームに入ってくると、
アレサたちは“あこがれのゲージュツの街”と大はしゃぎするが、
デミルの目の前に、デミルそっくりのキッズが現れる。
そのキッズは見る間に姿を変えて、パピピパと名のり、
「2つの世界を1つにすれば道が開く」と謎めいた言葉を残し姿を消す。
これは、他のメンバーが目を離していた間のことで、彼しか知ることがなかった。

施設

わびのま/さびのま

グレコの書いた「掛け軸」があり、
わびのま」の掛け軸にはチチカバの森/マヨネンランド/ナンプラグーン/オイスタウン
さびのま」の掛け軸にはタルタルバレー/ソイシティをモチーフにした絵が書かれている。

グミソファ

無料で回復できるソファー
もう一人の戦闘メンバーそれぞれによって使用に際して異なる反応が見られる。
裏のバルサミドームにも存在する。

ゆめまくら

まくらアーティストピーロが、ペットポポック羽根羽毛)を毟って作った特製の
この枕を使って眠ると、裏のバルサミドームに行くことができるし、
裏からもこの枕を使って表に戻ってくることができる。

レムめいろ/ノンレムめいろ

ワープルームを通じて二つの迷路を行き来するダンジョン
レム睡眠ノンレム睡眠をモチーフにした名称と設定である。
レムめいろで「水たまり」に「ダレコのまなざし」を入れることでレム・ノンレムめいろの行き来が可能となる。
表裏一体のような構造となっており、一方の迷路で仕掛けを解くたびに、もう一方の迷路になんらかの変化が起こる。
夢の奥深く(特にノンレム迷路はより深い世界を思わせる)に沈み込んで彷徨うような感覚から、
ムーンサイドを連想させ、精神の危機を感じさせる不気味なダンジョン。みんなのトラウマ
出て来るモンスターもトリップ感を誘うようなデザインのものである。

真実のはしご

チェキダの部屋へ続く梯子。
バルサミドームの秘密を解明し、バルサミドーム自体が芸術として完成すると、
パピピパとピパパピから「チェキダまくら」を与えられ、それを使って入れるようになる。
登る途中、“もう一人の自分”が下から追いかけてくる。
追いつかれると初めからやり直しになるが、
登る途中に十字ボタン方向キー)の混乱が起こり、
臨機応変に操作しないと簡単に追いつかれてしまう。

関連タグ

チェキダ
グレコ/ダレコ ピーロ/ポーロ ポポック/ククッポ パピピパ/ピパパピ
怪盗ベリー

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「バルサミドーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 893

コメント