ピクシブ百科事典

ナンプラグーン

なんぷらぐーん

GBA専用ビデオゲームソフト『トマトアドベンチャー』(2002年)に登場する架空の地名。
目次[非表示]

概要

2人目のスーパーキッズアウチが治める街。
街の主要部は、沖合に浮かぶロックアイランドにあり、
ラグーンにはロックアイランドに行くための「とびこえたいほう(飛び越え大砲)」が置いてあるだけである。
ロック()なだけにロックンロール、特にロックの神様にちなむネタが多い。
そもそも、アウチの出で立ち自体がロックの神様へのオマージュである。

施設・地形

ナンプラグーン

「ロックアイランド」に行くための大砲がおいてある場所。
大砲で「ブッとぶ」ためには「とびこえたいほうや(飛び越え大砲屋)」に料金を支払わねばならない。
名前の由来はナンプラー

ロックアイランド

名前のとおり、岩ばかりの不毛な島。
海底につながるエレベーターを降りて「ちんぼつせん」や「アウチシアター」へ行くことができる。
ロックアイランドの住人たちは、歌を歌うように(場合によってはパンクロックな、あるいはヒップでホップな)会話をする。

ホテル・アルカトラ

監獄といわれている大きなホテル
刑務所の監房を摸し、には鉄格子の嵌った客室である。
壁掛け式の粗末な2段ベッドは硬く、デミル曰く「体がかたくなった気がする」
(「たいりょくが かいふくした」の表示もBGMもないが、それでもちゃんとHPは回復している)、
壁はボロボロで、洗面台は剥き出し、
便所には囲いがなく、便器も剥き出しである。

中には、商店やレコーディング施設もある。
レコーディング施設では、
ケチャプー王国で人気のロックバンドバルビー」がレコーディングを試みているが…

島自体がザ・ロック監獄島などと呼ばれるアルカトラズ島(ウィキペディア)にちなんでおり、
その上でなおかつ、このホテルは前述のロックの神様の名曲「監獄ロック」(ウィキペディア)にかけてある。

アバシリや

道具屋。

上記の監獄島アルカトラズにちなんで、網走刑務所(ウィキペディア)および、
東映映画『網走番外地』(ウィキペディア)とその同名のテーマソング(歌:高倉健)にちなむ店名。

ゴムデパンク

服屋防具屋)。
店名の通り、パンクな「とげTシャツ」や「ヘビメタエプロン」が売っている。

ちんぼつせん

ガーゴ船長亡霊が出るといわれている。
沈没船遊園地に改造してしまおうとたくらんでいるものがいるが・・・。

アウチシアター

海中にあり、アウチが毎日コンサートを行っている。

コメント