ピクシブ百科事典

プリンセスと魔法のキス

ぷりんせすとまほうのきす

『プリンセスと魔法のキス』は、2009年に公開されたウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの長編アニメーション映画。
目次[非表示]

概要

2009年に公開された、今のところディズニー最後の2Dアニメーション映画。日本では2010年に公開。
原作はグリム童話『かえるの王さま』だと思われがちだが、2002年に出版されたメリーランド州の作家E.D.ベイカーのジュブナイル小説『カエルになったお姫様』。ただし、劇中話に『かえるの王さま』を引用している。従来のディズニー映画のオマージュやパロディを多く含んでいるのも特徴。
舞台は1920年頃のアメリカニューオーリンズジャズ音楽が飛び交う黒人街。ディズニー初の黒人のプリンスとプリンセスが話題になった。ハリウッドでは悪役扱いされがちなブードゥー教徒をヴィランサイドと主人公サイドの両方に登場させた本作は、コメディとシリアスがバランス良く配分されたエンターテイメント性の高さで高い評価を受けている。
タイトル詐欺で有名。

あらすじ

ニューオーリンズのフレンチ・クオーターに住む働き者の少女ティアナは、ある夜人語を話すカエルに出会った。カエルは、自分が魔法をかけられた王子のナヴィーンだと名乗る。ティアナがたまたまプリンセスの仮装をしているウエイトレスだと知らないナヴィーンは、ティアナにこう頼んだ。「魔法を解けるのはプリンセスだけだ。だからプリンセスのキスで僕を人間に戻してくれ」―――

ティアナは躊躇の後、長年の夢のレストランを開く資金と引き換えにキスしたが、ナヴィーンは人間に戻らない。それどころか、ティアナまでカエルに変わってしまう。ナヴィーンは大金持ちの娘シャーロットと結婚するため、ティアナはレストランを開く物件の支払いをするため、一刻も早く魔法を解かなくてはならない。二人(二匹?)はジャズ奏者を夢見るワニのルイスや星に恋するのレイと共に、ブードゥーの魔術師ママ・オーディを探す旅に出かける。

登場キャラクター

ティアナ

(吹き替え:鈴木ほのか藤井結夏(幼少期))
本作のヒロイン。幼い頃から料理を得意とし、亡き父に代わり自分のレストランを持つことを夢見ている。貧しくとも明るく生真面目な性格。ナヴィーンを詐欺師呼ばわりして衝突ばかりしていたが、次第に彼への見方を変えていく。

ナヴィーン

(吹き替え:丹宗立峰)
架空の王国マルドニアの王子。甘やかされて育った楽天的なお調子者。奔放ぶりに親からは勘当されているが、そのことは世間には知られていない。今は一文無しで、大金持ちの娘との結婚を望んでいる。

Dr.ファシリエ

(吹き替え:安崎求)
本作のヴィランズ。通称"影の男"。ブードゥーの秘術を操り、ナヴィーンをカエルに変えた張本人。

シャーロット・ラバフ

(吹き替え:三瓶由布子諸星すみれ(幼少期))
ティアナの親友でラバフの一人娘。幼いころから王子と結婚してプリンセスになることを夢見ている。

ルイス

(吹き替え:小林アトム)
トランペットを吹き、プロのジャズ奏者を夢見るワニ。ワニの姿では人間に怖がられてしまうので人間になりたいと願い、ティアナとナヴィーンと共にママオーディの家を目指す。

レイ

(吹き替え:駒田一)
星をエヴァンジェリーンと呼んで恋する。ティアナたちをママ・オーディの家に案内してくれる。本名はレイモンド。

イーライ・ラバフ

(吹き替え:玄田哲章)
砂糖工場を経営するニューオーリンズで一番の大金持ち。愛称はビッグ・ダディ。ニューオーリンズ・マルディグラでは5年連続でカーニバル・キングに選ばれている。

ローレンス

(吹き替え:石住昭彦)
ナヴィーンの従者。ファシリエの甘言に乗って魔法でナヴィーンに成り代わり、シャーロットとの結婚を企む。

ママ・オーディ

(吹き替え:荒井洸子)
沼地に住む197歳のブードゥー・クイーン。ティアナとナヴィーンに呪いの解き方を教えてくれる。盲目の老婆で、ペットの大蛇ジュジュを杖代わりや盲動蛇?に連れている。

関連イラスト

プリンセスと魔法のキス


ティアナとナヴィーン
ディズニー log



関連タグ

ディズニー映画 かえるの王さま カエルの王子様 カエルになったお姫様 ラブコメ パロディ オマージュ

関連記事

親記事

ディズニー映画 でぃずにーえいが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「プリンセスと魔法のキス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 528404

コメント