2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

主にお笑い芸人もしくは芸人気質な人が笑いを取ろうとネタを振ったつもりが、どこで突っ込めばいいのか分からない、もしくは突っ込まなければならない事に気付かずに自然な回答をしていまいネタが空振りに終わってしまう現象をいう。早い話がネタにマジレスというヤツである。

本職がお笑い芸人の芸能人にとっては悪夢のような事態だが、想定外の事態に芸人がテンパってしまうという意味では観客や視聴者から笑いが取れてしまうのが何とも皮肉。
物事を真摯に受け止めやすい生真面目な人や天然ボケな人がよくボケ殺しを起こしやすい。

この言葉が浸透しだしたのは徹子の部屋から。
黒柳徹子は芸人がゲストの場合決まってその芸人に持ちネタを振るのがお約束になっているが、あまりにも率直な感想を述べるため芸人からは恐れられている。
つまらなかった場合ははっきりとそう述べ、笑いのツボにハマった場合は何度でもそのネタを振るというどっちに転んでも絶望な展開が芸人を待っている。

ボボボーボ・ボーボボにおけるボケ殺し

一族として存在していたらしく、その生き残りとして魚雷ガールが登場する。

こちらはボケて攻撃する相手を文字通り物理的に始末する特性を持つ。
作中ボーボボのギャグ技は多くの敵がツッコんだり、ツッコむ間もなく受けてしまうが、魚雷ガールはそもそもそんなボケを無視するかのように反撃して返り討ちにしてしまうため、作中でもほぼ最強クラスのキャラクターとなっている。

もっとも、その肝心な魚雷ガール自身がボケに回ることも多いのだが…(本人曰く「魚雷だから私はいい」らしい)

ヒロイン兼ツッコミ役のビュティはボケ殺しの才能を秘めているらしい。



関連タグ

芸人 お笑い
ボケツッコミ
生真面目 天然ボケ
青木れいか 有馬ひづめ 如月千早 三船栞子 魚雷ガール 黒柳徹子 一奏 田中心春

関連記事

親記事

ボケ ぼけ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1403278

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました