ピクシブ百科事典

ボンバーヅノー

ぼんばーづのー

『超獣戦隊ライブマン』に登場する怪人・頭脳獣の1体。
目次[非表示]

「さすがのライブマンも、鉄也が操られているとは気づかぬようだ。いよいよグラントータスに入るぞ!」
「こうなったらグラントータスごと自爆してやる!ハハハハハ、お前達も道連れだ!」

CV:森篤夫
登場話:第42話「ビアス宇宙からの挑戦」

概要

武装頭脳軍ボルト頭脳獣の一体で、グラントータスを爆破すべく大教授ビアスによって作成された。爆弾の寄せ集めのような容姿に違わず、口や目の脇から様々な爆弾を取り出すことができ、自爆機能も持つ。

活躍

ブラックバイソン / 矢野鉄也を襲って、耳に受信装置をはめ込む。そしてビアスのギガブレインウェーブで洗脳した鉄也に手引きさせてグラントータスへ侵入し、基地内の随所に爆弾を仕掛けて回った。
あとは鉄也が爆弾のスイッチを押すのみという段階で、仲間達の説得で洗脳が解除されたため作戦は失敗。ならばと自らが自爆することで基地を葬ろうとするも、緊急シューターで陸上に排除されて、空しく単身爆散する羽目になった。

その後ガードノイド・ガッシュのギガファントムによって巨大化。ライブロボを爆弾攻撃で追い詰めるも、スーパーライブロボには効かず、最期はスーパービッグバーストに散った。

余談

デザイン担当の萩原直樹氏曰く、最初は体表の爆弾をちぎっては配置する描写が想定されたが、そのアイデアが見送られたため口内や目の脇から爆弾を取り出す描写が採用されたらしい。

鉄也を洗脳する際「奴隷になれと言ったらなるのだ!」とムキになるビアスの姿はある意味必見。

声の森篤夫氏は獣人オブラーも演じていた。

関連タグ

武装頭脳軍ボルト 頭脳獣
ボンブス:『星獣戦隊ギンガマン』に登場した、同じく爆弾モチーフの怪人。
ダークQ:1話に登場した個体が彼と同じこと(自爆して基地を爆破)をやろうとした

関連記事

親記事

頭脳獣 ずのうじゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ボンバーヅノー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 101

コメント