2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

アクムヅノー

あくむづのー

アクムヅノーとは、特撮テレビドラマ『超獣戦隊ライブマン』に登場する敵怪人の一体。
目次[非表示]

マゼンダ「アクムヅノーはどんな事をしても絶対に倒せん!」

登場話数:第47話「千点頭脳!マゼンダ!!」

概要

ドクター・マゼンダの手によって生み出された最後の頭脳獣
彼女の開発した、自らの夢を実体化するシステムを利用して現出した、4体の巨大幽霊頭脳獣(デンソーヅノーテストヅノーガルヅノーインセキヅノー)の合体により構成され、見た目もこれら4体の要素が入り混じったものとなっている。
前述の通り、マゼンダの見る夢を現実世界に反映させた存在であるため、合体前の状態では実体がなく、攻撃が一切通用しないという特性を有する。また合体後も任意で幽霊頭脳獣に分離可能であり、敵からの攻撃に対して臨機応変に分離・合体を繰り返し無効化してしまう。
攻撃手段自体は、合体前後とも共通して光線のみと至ってシンプルであるが、前述した特性ゆえに相対する側は一切の攻撃手段を封じられたまま一方的にやられ続けるという、正しく「悪夢」と言うべき状況に陥る事となる。

デザインは荻原直樹が担当。分離状態として幽霊頭脳獣がまず登場するという展開に合わせ、あらかじめ倉庫に眠っている使用可能な頭脳獣のリストが提示された上で、そこからいくつかの合体パターンが考案された末に決定稿に至っている。
萩原は後年のインタビューにおいて、「角が立たないようそれぞれ違う方がデザインされた頭脳獣を使ったのではないか」と述懐しているが、実際の内訳としては森野うさぎの担当分より2体(テストヅノー、インセキヅノー)、荻原と新貝田鉄也郎の担当分よりそれぞれ1体(デンソーヅノー、ガルヅノー)が採用されている。

作中での動向

最後の千点頭脳候補が2人に絞られる中、960点であったドクター・ケンプに対し920点と遅れを取っていたマゼンダは、取っておきの作戦として夢を実体化するシステムを作動させ、脳波を地上へ送る事で自らの分身体と、4体の幽霊頭脳獣を現出させる。
「幽霊を出して戦うしかなくなった」と、この様子にボルトが戦力の枯渇に陥りつつあると判断したライブマンはライブロボで応戦するが、近接戦闘を仕掛けようとしたライブロボの攻撃は尽くかわされ、さらにアクムヅノーへと合体したかと思えば分離・再合体を繰り返すなど、変幻自在の相手にライブロボは苦戦を強いられる。この見事な作戦には大教授ビアスも、点数を960点に引き上げるという形で称賛を与えてみせている。

「いかにライブロボでも、夢が作り出した物は倒せん。まさにこれは、悪夢なのだ!…悪夢、なのだ。フッフッハッハッハ…!」

劣勢に立たされるライブロボの元へ、コロンが操縦するライブボクサーが応援に駆け付けるも、合体したスーパーライブロボが繰り出したスーパービッグバーストさえも全く通用せず、逆に破壊弾による攻撃で機能停止に追い込み、マゼンダの得点を990点にまで引き上げさせた。
操縦席から放り出され、さらにマゼンダの分身体も迫るなど、万事休すかに思われた勇介達であったが、そこに現れた尾村豪から「千点頭脳になるのと引き換えに脳を取られる」という衝撃の事実を、彼が集めた証拠とともに示された事で、動揺を来したマゼンダが目を覚ますという不測の事態が発生。これにより無敵の存在かと思われたアクムヅノーも、マゼンダの分身体と共に呆気なく消滅してしまった。
しかし前述した事実さえも、千点頭脳に王手をかけたマゼンダを翻心させるには至らず、自ら地上へ降り立ち勇介達に苛烈なまでの追撃を仕かけたマゼンダに、ついに念願の1000点が与えられる事となったのである・・・

関連タグ

超獣戦隊ライブマン 武装頭脳軍ボルト 頭脳獣 ドクター・マゼンダ
合体怪人 幽霊

レーヅノー:原理や製作者こそ異なるものの、アクムヅノーに先駆けて「幽霊」を現出させる能力を有する頭脳獣

ガラ中佐:マゼンダと演者を同じくする、『五星戦隊ダイレンジャー』の登場人物の一人。夢と呪術という違いこそあるものの、彼女も実体のない分身体(生霊)を生み出して戦った事もある

関連記事

親記事

頭脳獣 ずのうじゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アクムヅノー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1015

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました