ピクシブ百科事典

マニラ湾空襲組

まにらわんでしゅうせんをむかえたみなさん

「マニラ湾空襲組」とは、「艦隊これくしょん」に登場する艦娘「木曾」「曙」「沖波」「初春」のタグである。
目次[非表示]

説明

ブラウザゲーム「艦隊これくしょん」で、いわゆる「生存組」に分類される艦娘のうち、マニラ湾で終戦を迎えた軽巡洋艦娘木曾と、駆逐艦娘沖波初春につけられるタグである。

「生存組」である上記の4人のほか、この戦いで轟沈した那智や、天一号作戦で沈んだ朝霜、内地で終戦を迎えた隼鷹なども該当しそうだが、飽くまで「マニラ湾で終戦を迎えた」という縛りもあり、現時点で本タグがあるのは前述の4人に限られる。

史実

ここでいうマニラ湾空襲とは、レイテ沖海戦のひとつで1944年11月13~14日に発生した第二次マニラ湾空襲である(皐月が沈んだ同年9月の第一次マニラ湾空襲は別)。
この戦いにおいて、マニラ本港で待機していた球磨型5番艦木曾、初春型1番艦初春夕雲型14番艦沖波、キャビテ軍港にて修理を待っていた吹雪型18番艦と同港で待機していた夕雲型18番艦秋霜は、米空母艦載機の攻撃を受け相次いで大破着底する(※)。
翌年1月10日、曙・秋霜・沖波・初春が除籍されるが、木曾のみは戦没認定が出ず、着底前と同様に軍旗の掲揚が続けられ、3月20日になってようやく木曾も除籍された。

フィリピン共和国成立後の1946年7月に米軍機により撮影されたマニラ湾の写真に、岸に近い方から沖波、初春、木曾の順で着底している様子が映し出されているものがあり、それによると、除籍3日前に乗組員により爆破処理された(はずの)沖波が最も水上からの露出度が高く、逆に初春は艦の一部分が出ているにすぎなかった。また秋霜は半ば裏返った状態、曙は初春と同様に艦の一部分が水上から出た状態で見つかっている。
秋霜と木曾、曙は1955~56年にかけて浮揚解体が行われたが、初春と沖波についてはいつ撤去されたか不明である。ただ木曾については1956年1月末頃の新聞にサルベージ作業が成功したという記事が掲載されており、初春と沖波はこの作業の妨げにならないように、いち早く撤去された可能性がある。


※・・・資料によっては沈没とされているものもあるが、マニラ湾の水深が極めて浅いことを考えると、艦の一部分でも出ている「着底」の方が正しい。


pixivでは

現時点では単独絵がメインで、集合絵としてこのタグがある作品はメイン画像も含めごく少ない。
なお本記事作成の時点では、前述の秋霜のみが未実装で残るが、もし実装されるとなれば5人の集合絵も期待できる。

また戦後に解体されていることが判明している木曾と曙についてはコンビタグとして「きそぼの」もある。

関連タグ

艦隊これくしょん(艦これ)
艦娘たちの戦後

球磨型軽巡洋艦 特型駆逐艦 初春型駆逐艦 夕雲型駆逐艦

pixivに投稿された作品 pixivで「マニラ湾空襲組」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38918

コメント