2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. MS-DOSフリーソフト
  2. wizardry』シリーズで習得できる呪文本項で解説
  3. 迷宮組曲』のラスボス本項で解説


wizardry』のマハリト(MAHALITO)

魔術師系第三位階。敵1グループに4〜24の火炎ダメージを与える。
これを習得するとパーティ全体の火力が急激に上昇するため、多くのプレイヤーに強い印象を残している。
他にも次のような呪文がある。

  • ハリト(HALITO)
魔術師系第一位階。火炎属性のダメージを与えるが標的は単体で威力も低く、冒険の序盤でも大してあてにはならない。
第一位階の呪文は催眠呪文カティノ(KATINO)や位置表示呪文デュマピック(DUMAPIC)のために温存しておくのが望ましい。

  • モリト(MOLITO)
魔術師系第三位階。同位階のマハリトより威力が低い。
火炎属性ではなく無属性のダメージなので(初期シリーズには「電撃属性」が存在しなかった)、標的の耐性によってはマハリトより頼りになることもある。
それにしても存在意義は低く、シナリオ#5リストラされた。
…が、Ⅰ・Ⅱ・ⅢのGBC版移植に伴い、新設された「電撃属性」としてまさかの復活を遂げている。

  • ラハリト(LAHALITO)
魔術師系第四位階。マハリトより強力な火炎呪文。
同等のダメージが期待できる冷気呪文ダルト(DALTO)と同位階なので、適宜使い分けよう。
なお#5ではダルトがリストラされている。

  • リトカン(LITOKAN)
僧侶系第五位階。マハリトとほぼ同等の火炎呪文。
FC版Ⅲでは第四位階に変更されたが、どちらにしてもより優先順位の高い呪文があるので、攻撃呪文は魔法使いに任せるのが無難。#5でリストラされた。
が、これもGBC版移植に伴い「聖属性」が新設され、バディオス(第一位階)、バディアル(第三位階)、リトカン(第四位階)、バディアルマ(第五位階)、ロルト(第六位階)、マリクト(第七位階)が含まれた。不死族に大ダメージを与えるという、魔術師系呪文にはない利点がある。

  • メリト(MELITO)
#5の新呪文で、FC版Ⅲでも習得可能。
魔術師系第二位階。威力はハリトと同等だが効果範囲が拡大。
#5では暗闇呪文モーリス(MORLIS)が第四位階から第二位階に格下げとなっており、多くの場合メリトよりはモーリスの方が頼りになる。
GBC版では電撃属性に含まれ、ハリトやマハリトとの差別化がされている。

  • カカメン(KAKAMEN)
#5の新呪文。僧侶系第六位位階。
威力はそれなりだが、同位階の全快呪文マディ(MADI)は冒険の命綱であり、むしろモンスターの攻撃手段として目にすることが多い呪文。

  • リクレア(LIQUREA) / マリクア(MALIQUA)
外伝Ⅲの新呪文。錬金術系第二位階と第五位階。
数ターンに亘って火炎ダメージを与え続ける雲を発生させる。

  • マモリト(MAMOLITO)
GBC版Ⅰ・Ⅱ・Ⅲの新呪文。魔術師系第四位階。
メリト、モリトとともに電撃属性に含まれ、基本的な威力は同位階のラハリト、ダルトと同等。

『ウィザードリィエンパイア』では版権の関係で本家の呪文名をそのまま使用できず、ハリトに相当する呪文としてリト、マハリトに相当する呪文としてマリトを習得できる。

迷宮組曲』のマハリト

マントを着用した魔術師の姿をしている。クロウが変身した三体の影武者がおり、四体のうち一体だけが本物。魔力の弾を発射する際にマントを開くが、この時だけダメージを与えることが出来る。

関連タグ

MAHALITO

関連記事

親記事

pixpediaで分割された項目 ぴくぺでぃあでぶんかつされたこうもく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「マハリト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 151

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました