2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

メコン川とは、チベット高原から中国の雲南省、ミャンマーとラオスの国境、タイとラオスの国境、カンボジア、ベトナムを通って南シナ海に注ぎ込む河川である。長さはおよそ4200kmであり、東南アジアで最長である。雨期は流れが速く、乾期は浅瀬が増えるために船の運航は難しい。
河口付近では本流とバサック川の2つの流れに分かれては合流するメコンデルタと呼ばれる地帯があり、そこではベトナムの米の半分以上を生産するなど農漁業地帯として知られている。

名称

メコンという名前は、タイ語由来である。意味は諸説あるが、メはメーナーム川の短縮語、コーンはサンスクリット語でガンジス川を意味するガンガがなまったもの、つまりメコンは、ガンジス川のように偉大な川という意味であるという説が有力。

他地域での名称は以下の通り

それぞれの言語での名前
中国中国語:湄公河(拼音: Méigōng hé)、チベット語:རྫ་ཆུ་(ワイリー方式:rDza chu)
ミャンマービルマ語:မဲခေါင်မြစ်(ラテン文字転写:Mè‘kaung Myit)
ラオスラーオ語:ແມ່ນ້ຳຂອງmɛː nâːm kʰɔ̌ːŋ]またはນ້ຳຂອງ nâːm kʰɔ̌ːŋ]
タイタイ語:แม่น้ำโขง mɛ̂ː náːm kʰǒːŋ]またはแม่โขง mɛ̂ː kʰǒːŋ]
カンボジアクメール語:មេគង្គ meekoŋ](ラテン文字転写:Mékôngk)、ទន្លេមេគង្គtʊənlee meekoŋ](ラテン文字転写:Tônlé Mékôngk)またはទន្លេធំtʊənlee tʰomŋ](ラテン文字転写:Tônlé Thum)
ベトナムベトナム語:Sông Mê Kông soŋm me koŋm]、Sông Lớn soŋm lə̌ːn]またはSông Cửu Long soŋm kɨ̃w lɔŋ]

生物

メコン川は、生物の多様性が豊かで、1997年以降に発見された新種は2409種に達している。魚類の種は1200以上に上る。
魚類ではドジョウ、吸盤を持ったナマズコイメコンオオナマズ、およびハモが支配的な種である。
哺乳類では、メコンイルカカワウソスナドリネコなどがいるが、メコンイルカは絶滅の危機に瀕している。
他にも、固有種のシャムワニがいるが、目撃例は激減した。

関連タグ

東南アジア

関連記事

親記事

かわ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「メコン川」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 300

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました