ピクシブ百科事典

メタルブラック(サガフロ)

めたるぶらっく

スクウェア・エニックスのコンピュータRPG『サガフロンティア』に登場するキャラクター。メイン画像では右側の人物。
目次[非表示]

概要

主人公の1人レッドの宿敵である組織「ブラッククロス」。よくある昔のヒーローものに登場する悪の秘密結社的存在であり、強力な幹部4名で構成された「ブラッククロス四天王」がいる。彼はそのうちの1人で、武士の心を持ったメカ。

経緯

この世界におけるメカという存在は、心臓部となる「コア」+身体を構成する「ボディパーツ」で構成されており、人格はコアに依存する。そのため、コアの知能によっては人間のような振る舞いもする。しかし、製作者であるDr.クラインは、人間の精神的強さをメカで再現しようと試み、もっと本格的な「心を持つ人格」を作り出そうとする。そしてついに「武士の心」をメカに搭載することに成功し、四天王の1人とした。
そうした製作経緯があるため、性格は非常に正々堂々とした武人の中の武人であり、FF4ルビカンテなどとよく似ている。最初にレッドが京の書院で出会った時には、自分の素性を隠しながらも、ブラッククロスに四天王がいることを敵であるはずのレッドに教えた。これは「自分がレッドのことをよく知っているがレッドはブラッククロスのことを知らない」ため、「レッドにブラッククロスの情報を教えることで互いのことを知った状態でフェアに戦いたい」という理由から。
とはいえ、悪の組織の四天王。やはり裏では悪事を働いており、書院の裏手に隠された基地では麻薬を大量に栽培していた。ブラッククロスの資金源を担う役割をしていたわけである。この基地を爆破したレッドに、突如襲い掛かる。戦闘では全体攻撃の「ムーンスクレイパー」が強力かつ印象的。
これに敗れるも、メカはコアさえ無事ならば修理やパーツ交換で復活できる。後にレッドがブラッククロス本拠地に向かう為、戦闘員のスーツを着込んで敵のシップに潜入するも、彼はこれを簡単に見破り、レッドを自ら追い詰めようと、重火器スタイルの「メタルブラック改」になって再び戦いを挑む。

メタルアルカイザー

メタルアルカイザー


そして本拠地のブラッククロス基地でも早くも復活し、彼は三度改造を受けていた。
その名は「メタルアルカイザー」。それは、究極の強さを生み出そうとするDr.クラインの夢と野望の結晶であった。そして、戦いの中で最強の戦士になるには、アルカイザーのコピーを生み出すという結論に達する。直前での復活したブラッククロス四天王との連戦で疲弊したアルカイザーの状況に付け込む絶好のチャンスではあったが、傷ついたアルカイザーを倒しても最強の証明にはならないことから、アルカイザーを回復させて戦いを挑む。
この、あまりにも正々堂々とした性格は、世が世なら致命的な弱点だが、しかしDr.クラインは「その心を失っては最強にはなれん」と評する。良くも悪くも、ブラッククロスという組織が、悪の組織ながらも独自の治安が保たれている証拠でもあろう。

戦いではアルカイザーの能力をそのままコピーしたかのような攻撃技が多く(例:ディフレクトランス→グライダースパイク、アル・ブラスター→サンダーボール)、特にアル・フェニックスを模倣した「ダークフェニックス」はかなり強力。
ただし攻撃パターンが完全ローテーションになってしまっており、慣れたプレイヤーには自身本来の必殺技にして唯一の全体攻撃「ムーンスクレイパー」も事前に対策されてしまうなど弱体化とも取れる点が見られる。やはり模倣だけでは限界があったのだろうか……
そしてそれを突きつけるかの如く、アルカイザーは激闘の中で究極のヒーロー技「真アル・フェニックス」を編み出すのだった(ダークフェニックスを使われた後でアル・フェニックスを選択すると変化する)。

彼を倒した時のアルカイザーのセリフ「メタルアルカイザー お前は強かったよ しかし間違った強さだった」は有名。また特にメッセージは無いが、この時もパーティーが全回復する(それらしいエフェクトは出る)。

インペリアルサガ

メタルブラック

もののふの心を持っていたため、組織の活動にやがて疑問を抱くようになる。そして組織を抜け1人でさまよっていた。Dr.クラインはこれをあえて止めず、自我を持って活動するようになったことに満足していたようである(おそらくこの一件がきっかけで、Dr.クラインは原作と違って狂った研究を最後には踏みとどまった)。他の四天王から裏切り者として追われる身になるが、レッドに助けられたことでアルタメノス帝国に加わる。

メタルアルカイザー

破壊のためだけに活動するブラッククロスが、「殺戮機械としてのメタルアルカイザー」として作り上げている(原作と同じ個体だが、設計がそういうものになっている)。しかし手がけたDr.クラインがその方針に内心抵抗しており、メタルブラックの人格移植をしていない。のちにキューブのエネルギーを得て人格なき状態で活動を開始し、アルタメノス帝国を急襲したことで、メタルブラックたちに撃破された。
レオナルド博士に修復されたものの、このボディには「思考回路を最適化する機能」があることから、メタルブラックの人格が原作通り移植されれば、メタルブラックの人格はボディの機能で変質させられていき、やがてはもののふの心とは無縁の殺戮機械に成り果てていく「間違った強さ」になる。
Dr.クラインはそのような事態を避けるため、このボディに対応した別のコアを設計しており、シュウザーに取り込まれていた小此木博士の意識がコアに宿ることで、小此木博士としてのメタルアルカイザーになる。小此木博士は、いずれ自分の人格が強制的に変えられた末に殺戮機械になることをおそれ、ボディにリミッターを設定したことにより、殺戮機械としての役割を終え、「新たな正義の戦士」として帝国の傘下に加わった。

関連タグ

サガフロンティア ブラッククロス 小此木烈人 ベルヴァ シュウザー アラクーネ Dr.クライン

pixivに投稿された作品 pixivで「メタルブラック(サガフロ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8517

コメント