ピクシブ百科事典

ヤマビコ(魔化魍)

やまびこ

「仮面ライダー響鬼」に登場する魔化魍(メイン画像左端)
目次[非表示]

概要

 『仮面ライダー響鬼』第4話、13話に登場した大型魔化魍
 身の丈6.9m、目方5.5tの巨体を有し、外見はザンバラ髪をしたゴリラサルのような姿をしている。大型魔化魍の多くがCGで表現される中、こいつは珍しく二足歩行型のため着ぐるみが存在する。また、奥多摩の個体は前髪が全て隠れているものの、小菅の個体はその猿顔が明らかになっている。
 に向かい「ヤッホー」とつい言ってしまう人間習性を利用し、相手の向きをその優れたで確認すると襲撃し、声帯をえぐり抜いて捕食する
 その巨体による殴り蹴りを得意とするが、怒るとから毒性の怪音波を放ち、動植物腐食させ死滅させる。

 小説仮面ライダー響鬼でも江戸時代に出現した。

生育環境

 作中では奥多摩(4話)及び小菅(13話)に出現。
 気温は2.0度、湿度は55%以上の環境が生育に適している。

関連項目

ヤマビコの童子と姫 山彦

pixivに投稿された作品 pixivで「ヤマビコ(魔化魍)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 414

コメント