ピクシブ百科事典

ヤン・シュヴァンクマイエル

やんしゅゔぁんくまいえる

ヤン・シュヴァンクマイエル (Jan Švankmajer) は、チェコの映画監督。
目次[非表示]

概要

グロテスクオブジェコマ撮りによる人形アニメで独自の世界観を持つカルト映画監督。無機物と有機物(特に)との融合、軋み動く人形、突如やってくる暴力など、一度見たら忘れられず、世界中にフォロワーがいる。
夫人のエヴァ・シュヴァンクマイエロヴァーも表現活動をしており、公私共となるパートナーだった。『ルナシー』完成後の2005年に死別。

経歴

1934年9月4日生まれ。チェコスロバキアプラハ出身。
1958年から1960年まで兵役につく。
1964年、短編『シュヴァルツェヴァルト氏とエドガル氏の最後のトリック』でデビュー。
1973年から1979年まで、共産党政権下のチェコスロバキアでブラックリストに記載され、表現を封じられる。
1988年、『不思議の国のアリス』を脚色した『アリス』が初長編となる。

作品

長編

アリス』1988年
ファウスト』1994年
『悦楽共犯者』1996年
オテサーネク 妄想の子供』2000年
『ルナシー』2005年
『サヴァイヴィング・ライフ -夢は第二の人生-』2010年
『Hmyz』2015年公開予定

短編

『シュヴァルツェヴァルト氏とエドガル氏の最後のトリック』1964年
『J.S.バッハ-G線上の幻想』1965年
『石のゲーム』1965年
『棺の家』1966年
『エトセトラ』1966年
『自然の歴史(組曲)』1967年
『庭園』1968年
『部屋』1968年
『ヴァイスマンとのピクニック』1968年
『家での静かな一週間』1969年
『ドン・ファン』1970年
『コストニツェ』1970年
『ジャバウォッキー』1971年
『レオナルドの日記』1972年
『オトラントの城』1973-1979年
『アッシャー家の崩壊』1980年
『対話の可能性』1982年
『地下室の怪』1982年
『陥し穴と振り子』1983年
『男のゲーム』1988年
『アナザー・カインド・オブ・ラヴ』1988年
『肉片の恋』1989年
『闇・光・闇』1989年
『フローラ』1989年
『スターリン主義の死』1990年
『フード』1992年

関連タグ

映画監督 / アニメーター / 芸術家
人形アニメ
シュルレアリスム
カルト映画
チェコ

外部リンク

ヤン・シュヴァンクマイエル - Wikipedia
ヤン・シュヴァンクマイエルとは - はてなキーワード

pixivに投稿された作品 pixivで「ヤン・シュヴァンクマイエル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10861

コメント