ピクシブ百科事典

ラブテスター

らぶてすたー

任天堂が1969年に発売した男女の仲を探る機械

概要

任天堂から1969年に発売された男女の仲を探る機械。故・横井軍平氏が開発した。
本体から2本伸びたコード先の金属部分を異性同士で握り、メーターの針の振れで両者の愛情度(相思相愛度)を測るというもの。

その正体は金属部分を握った掌の温度を感知する事で針が動く検流計。
実は二人の愛情度を測るというよりも、異性同士が付き合うきっかけ作りを元に作られたジョークグッズである。なので別に男同士女同士でやっても問題ない。
結果は鳴かず飛ばずに終わり、発売から1年で製造中止になった。

トリビアの泉では「愛を測る機械」としてラブテスターが紹介され85へぇ(銀の脳)を獲得している。ちなみに、番組内でおしどり夫婦林家ぺー・パー子夫妻の愛情度を測ったところたったの10だった。まあジョークグッズだし…

長らく生産終了となっていたのでもう二度と復活することはないだろう…と思われていたが、2010年に当時のままの姿でまさかの復刻。販売元のテンヨーは50年以上にわたり任天堂のハードやソフト・関連グッズのホールセール部門を担当している任天堂と非常に縁の深い企業。

復刻から5年以上経過した今でもAmazonなどで投げ売りされているため、入手は非常に容易になっている。リア充もおひとついかが?

また、ピクミン2ではお宝の一つとして登場しており、入手すると「おたからセンサー・プロトタイプ」というお宝が近くにあると針が振れて知らせてくれるアイテムに改造される。これによりお宝を持つ生物を見分けることで無駄な犠牲を減らしたり、見つけにくいところにあったり埋まっているお宝を取り逃すということが少なくなるためかなり便利なアイテムの一つである。


関連タグ

任天堂  メーター リア充 相思相愛 カップル トリビアの泉  ピクミン2

pixivに投稿された作品 pixivで「ラブテスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2011

コメント