ピクシブ百科事典

リュアクス

りゅあくす

リュアクスとは、アニメ『美少女戦士セーラームーンR』に登場すギリシャ語で溶岩の名を冠した最後のドロイドの名称である。
目次[非表示]

CV/浦和めぐみ

概要

アニメ『美少女戦士セーラームーンR』第36話(アニメ通算82話)「未来への旅立ち! 時空回廊の戦い」に登場。
ギリシャ語溶岩の名を冠する翠のエスメロードの配下にして最後のドロイド

歪んだ時計をモチーフとしており、その姿通り時間を自由自在に操る能力を持っており、それ故に時空回路を自在に動き回れるという他のドロイドたちとは一線を画すの特殊能力を持つ。

時空回路での戦いを得意としているドロイドでもあり、プルートの助力の元、時空回路を通ってブラック・ムーンの本拠地がある30世紀の“クリスタル・トーキョー”へと向かうセーラー戦士たちの殲滅と“幻の銀水晶”を持つRabbit(ちびうさ)の確保を使命としてる。

特徴

上述したように時間を操る能力を持っており、時間を逆行させる“リュアクスパワー”を使い事で、自身に向けられた攻撃をそのまま相手に返す事が出来る。
また他のドロイドたち同様に他人に化ける能力もあり、劇中ではうさぎの未来の姿であり、ちびうさの母親でもあるネオ・クイーン・セレニティに化けちびうさに近付いていた。

時間を操作する力を持つドロイドだけにチートじみた非常に強力な存在ではあるが、時間操作能力を発動すると暫くの間能力を行使出来ないという制約があり、その隙がリュアクス最大の弱点ともなっている。

活動歴

時空回路を内を自由に動ける力を買われエスメロードに呼び出されると、ちびうさの確保及び時空回路を渡って自分たちの本拠地がある30世紀の未来へとやってくるセーラー戦士たちの殲滅の為に行動を開始する。

まずちびうさの確保の為にネオ・クイーン・セレニティに化けてちびうさに近付くが、彼女の事を“ラビット”(本物はスモール・レディと呼ぶため)と呼ぶという凡ミスから偽者だと見破られてしまい正体を現すが、ちびうさからパチンコ攻撃などで抵抗された為、彼女を大人しくさせるべく爪を鋭く伸ばし、髪の毛を伸ばして襲い掛かる。

しかしそこにセーラー戦士たち5人全員が到着した為、戦闘に突入。
“リュアクスパワー”を行使してセーラー戦士たちの攻撃を次々に跳ね返して優位に立っていたが、戦いを見守っていたちびうさに“リュアクスパワー”を使った直後の好きを察知されてしまい、最後は自らを囮にしたちびうさの決死の罠に引っ掛かり、ちびうさに対して“リュアクスパワー”を行使した直後の隙をつかれて放たれた『セーラープラネットアタック』を食らい敗北した。

その後の活躍

SFCソフト『美少女戦士セーラームーン Another Story』では、ヘル・デスティニーによって運命が捻じ曲げられたことによって復活。
ブラック・ムーンのUFO内で必ずジャーマネンとセットで出現する。
流石に時間操作能力までは再現できなかったらしく、催眠状態を引き起こす状態異常攻撃を使ってくるようになっている。

関連項目

ドロイド ブラックムーン 美少女戦士セーラームーン

コメント