ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ロードクロサイトは2010年生まれの競走馬である。

父アンブライドルズソング、母フォークロア、その父ティズナウの血統。


誕生~競走馬時代

2010年にこの馬が誕生し、翌年9月のキーンランド1歳セールで前田幸治名義で38万5000ドル、当時のレートで約3000万円で落札。その後、矢作芳人厩舎に入厩。


血統的に期待された馬であり、新馬戦では単勝1.6倍に推されたが3着。その後も勝ちきれないまま2歳を終える。


しかし、3歳になるとこれまでの勢いが消えたかのように失速。結果3歳はすべて2桁着順。


結局、生涯成績7戦0勝の未勝利のままターフを去った。未勝利で終わった理由の一つに矢作調教師は気性の悪さを挙げた。しかし、彼女が落札された理由はこれからのためにあった。


繁殖牝馬時代

引退後はノーズヒルズにて繁殖入り。産駒はすべて馬主ノーズヒルズ関係者、調教師矢作芳人と、本馬と同じ組み合わせである。


初年度はゴールドアリュール、翌年にはダイワメジャーと交配。それぞれ、バーンフライ、アナスタシオと命名され、ダートで勝利している。


この2頭の交配の背景にはディープインパクトとの交配の準備があった。そしてその翌年にディープインパクトとの交配が実現。その交配によって生まれた馬こそ、後に父子無敗3冠という空前絶後の快挙を成し遂げたコントレイルである


産駒成績

生年馬名性別主な勝鞍備考
2015バーンフライゴールドアリュール4歳以上1000万下地方抹消
2016アナスタシオダイワメジャー2歳未勝利アメリカで繁殖入り
2017コントレイルディープインパクト皐月賞/日本ダービー/菊花賞/ジャパンカップ/ホープフルS種牡馬
2019サンセットクラウドディープインパクト白川特別(2勝クラス)中央現役
2020インタクトハーツクライなし地方現役
2022ロージースカイキズナ

関連タグ

競走馬

13世代

関連記事

親記事

13世代 じゅうさんせだい

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました