ピクシブ百科事典

分史ミラ

ぶんしみら

分史ミラとは、RPG『テイルズ オブ エクシリア2』の登場人物である。
目次[非表示]

概要

声:沢城みゆき

年齢21歳。身長168cm。
正史世界におけるミラ=マクスウェルと異なる、ルドガー達が分史世界で出会うもう一人のミラ。二人の区別のために、画面上では「分史ミラ」と書かれている。
いわゆるパラレルワールドの住人であり、容姿は瓜二つだが一年前にジュード達と冒険をしたミラとは別人で、歩んできた人生もかなり異なっている。

6歳の時にアルクノアを壊滅させ、精霊としての力を捨てている。また正史世界のミラが持つチャームポイントのアホ毛がない。姉のミュゼと共にニ・アケリアで暮らしていたが、本物のマクスウェルに精霊界に戻る事を許されなかったミュゼから八つ当たりに近い形で虐待されていた。またニ・アケリアの住民たちからも信仰対象としか扱われず、ミラは孤独な日々を過ごしていた。
後に彼女の存在した分史世界が消滅する際、エルの力によって偶発的に正史世界に連れてこられてしまう。

口調や性格は正史のミラとは違い、女性的で人間味あふれる。元・精霊の主だった者として気位が高く、他人と深く関わろうとしない。自分の存在価値について思い悩んだり、包み隠さず皮肉を言うひねくれた面も見られるが、世界構造に関する知識が豊富で勇猛果敢な所は正史のミラと共通している。
前作でミラに対して特別な意識を抱いていたジュードは、姿がそっくりでも自分の知るミラとは全くの別人と考え、「偽のミラ」ではなく一人の人間として彼女の存在を尊重し区別のため「ミラさん」と呼ぶ。

自分の世界を壊したルドガーたちに最初は反目していたが、仲間たちと段々と心を通わせていく。
料理が好きでその腕前には自信を持っているが、元いたニ・アケリアでは精霊で食事する必要がない姉のミュゼや、信仰対象としてミラが人間のような事をするのを良しとしない住民たちからは、料理をすること自体を否定されてきた。そのためはじめて自分の料理を食べてくれたエルが「パパのスープが一番」と言うので、エルに自分が一番だと認めさせてやると張りきる等、負けず嫌いで子供っぽい一面もある。エルとはなんだかんだで非常に仲が良い。


他作品出演

ミラージュプリズン編8章で登場。
ミラージュプリズン編6章で、デミトリアスの「虚無の保護」という目的の為に捕らえられた「空のマクスウェル」の正体。アスガルド帝国に殺されたティル・ナ・ノーグのマクスウェルの代わりとして具現化された。
その後は地下牢に監禁されるが、そこでルビアシングに出会う。
その後、10章でコーキス一行に加入したシングの口から存在が一行に知られる事になり、11章でフレンの命令を受けた「ある意外な人物」により救出される。

来年配信予定の新章『フェアリーズレクイエム編』のキーヴィジュアルに彼女がいる事から参戦すると思われる。また、その中には意外な人物もいた。
だが、ミラージュプリズン編終章でデミトリアスが精霊の封印地を訪れた際の影響により、そこに安置されていた太陽神ダーナの心核が破損。彼女の心核はティル・ナ・ノーグの存在の支えであったため、ティル・ナ・ノーグの不安定化を避ける為、ミラは自身が代わりの支えとなってダーナの心核の中で眠りについている状態。現在は心の精霊ヴェリウスによって守護され、彼女の周囲には近づけないようになっている。
その際、彼女を救出した「意外な人物」に「必ずエルに会いに行くから、その時は私の作ったスープを飲んで」とエルへの伝言を託し、彼は、結晶に封印された彼女を今度こそ救う為に行動する事になる。
そして、2019年11月にリリース1000日記念第1弾として、フェアリーズレクイエム編10章での参戦が決定した。
本作では正史のミラとは術技がかなり区別化されており、足技中心の立ち回りを行う。新術技として、アークトライ、スティングハイ、ブレイズショット、グレイヴバッシュ、ゲイルカッター、フェイタルダンス、アトラクトスフィア、薙刀旋風、バーストボムズ、グラヴィティスフィア(アトラクトスフィアの技変化)、薙刀乱れ旋風(薙刀旋風の技変化)、ブレイジングフレア(バーストボムズの技変化)を習得。
魔鏡技は、「ディバイン・スプラッシュ」「レイド・マキシマム」「桜花千嵐」「メランコリック・ブーケ」

関連イラスト

TOX2 ミラ
オルゴール姫


ミラ
○○



関連動画




関連タグ

テイルズ テイルズオブエクシリア2 ミラ=マクスウェル マクスウェル
ルドガー・ウィル・クルスニク エル・メル・マータ ミュゼ

CPタグ

ルドミラ

以下中盤以降のネタバレ注意
















































この世界の構造上、「正史世界では分史世界の同一物は存在できない」ということになっており、もし分史世界からもう一人の自分を正史世界に連れて帰れば、すぐに消滅してしまう(分史世界の住人であったエルが存在できたのも、正史世界のエルがまだ生まれてすらいなかったからである)。しかし逆に分史世界に正史世界の同一物が侵入しても、どちらも消えることはない。
分史ミラは、正史のミラがクロノスと戦い時空の狭間に飛ばされている間に正史世界に連れて来られたために消えることなく存在できていたが、そのせいで今度は彼女の存在が栓となって正史ミラが正史世界に脱出できなくなってしまった。
自分の存在した世界が無くなった以上、正史ミラを救うには自分が消えるしかないと悟り自暴自棄になるが、仲間やエルに自分の存在を必要とされ淡い希望を持ち始めた矢先、リドウの謀略にはまりミラ=マクスウェル復活のための生贄にされてしまう。好感度の上がる選択をし続けた場合、エルにスープを作る約束をルドガーに託し、助けようとするルドガーの手を自ら離して次元の狭間に落下し消滅する。

彼女の死はエルの心に大きな傷を残し、仲間たちとの絆に溝を作る事となる。

戦闘

戦闘能力はミラ=マクスウェルとほぼ同等となっているが、こちらは精霊の力を失っているために「ウンディーネ」等の一部の技を習得できず、秘奥義も使用できない。
キャラクター特性と固有サポートスキルもミラ=マクスウェルと同じ。
また正史のミラがパーティに復帰する際には、分史ミラのステータスが引き継がれる。

普通に物語を進める上でスキル「スペシャル」を習得しないために秘奥義は使用できないようになっているが、実は分史ミラ版の没音声データは収録されており、特定の操作をしてバグを起こすと彼女の秘奥義を拝むことができる。ただしカットインはミラ=マクスウェルのまま。

関連記事

親記事

テイルズオブエクシリア2 ているずおぶえくしりあつー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「分史ミラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1668965

コメント