ピクシブ百科事典

ヴィクトル(TOX2)

ゔぃくとる

RPG『テイルズ オブ エクシリア2』の登場人物である。
目次[非表示]

概要

CV:近藤隆
年齢30歳、身長170cm。クラスは銃剣槌士(双銃、双剣、ハンマー)。

エルの父親。
プロローグにて、エルに「お願いを叶えてくれる不思議なところ」とカナンの地に行くように言い、謎の追っ手からエルを逃し行方不明。
非常に料理上手で、彼の作るスープはエルにとっての「一番」
ところどころのエルの言葉から、非常に親バカで娘に甘く、手編みの手袋などをプレゼントしたりしていた。

ネタバレ

以下、ネタバレを含みますので閲覧には注意して下さい。














vs最強



本名はルドガー・ウィル・クルスニク分史世界のルドガーである。
カナンの道標のひとつ「最強の骸殻能力者」(『分史世界の』が先に付くが)。

8年前にの「クルスニクの鍵」の能力を狙った父であるビズリーと、かつての仲間達には自分たちの世界を守る為の正史世界への交渉材料として狙われる。兄のユリウスは中立だったが、ルドガーを身を案じることを優先させた結果エルを犠牲にしようとしてしまったため、愛娘を奪おうとする者全てに怒りを露にしたルドガーは骸殻能力の力を使う。その結果、エルを奪おうとウプサーラ湖別荘に襲撃に来たビズリー、最後の交渉のためにやって来たかつての仲間達とユリウスを瀕死の重傷を負ったガイアスを除いて皆殺しにしてしまう。
後にビズリーから最強のエージェントの称号であるヴィクトルの称号を継ぎ、クランスピア社の社長に就任した。
この時期、妻であるラル・メル・マータは体が弱っており、そのときのルドガーの仲間たちへの凶行を目撃し心を病んでしまい、ほどなくして亡くなったようだ。
劇中で『兄と父を殺して手に入れた力だ』と言ってフル骸殻に変身したことから、この時期にフル骸殻の力を手に入れていた。しかしその代償として、肉体は時歪の因子化が重度に進行してしまっていおり、仮面の下に隠れた顔の右半分が黒く染まっている(骸殼も、右半身部分が変形しており、金色の部分とともに血のように赤く染まっている)。
「正史世界の人間としてエルとともに生まれ変わる」という目的のため、正史世界の自分と成り代わるために、エルを彼女の能力で正史世界に送り、正史世界のルドガーを自分のもとに連れてくるように仕向けた。

ちなみにルドガー時には銀髪+黒メッシュだった髪が黒くなった理由は、家族や仲間との「決別」の意味を込めて髪を染めたため。
そのため、黒く染めた時期は兄であるユリウスを殺して骸殻を強化し、更にを殺した(一人は重傷を負わせた)後と思われる。(ただし、ミラとミュゼについては本当に殺害されたかどうかは判明していない)
また、親心として娘を非常に大切に思っている以外にも、これらの事情がよりエルを大切に思う気持ちに拍車をかけていると思われる。

以前の経緯

ヴィクトルの存在する分史世界は、劇中のジュードの発言によると、時間が数年先に進んでいることとや仲間たちの死等を除けば、正史のルドガーたちとほぼ同じ形で物語が進んでいた。

設定資料によると…この世界でのルドガーであったヴィクトルもまた、別の分史世界から来訪したエルと旅をしていたことになっている。(一説では、ミラ・クルスニクの分史世界から来たとも)
ただし、そこからやってきた彼女の瞳は、劇中の彼女の翡翠色ではなく菫色だったという。(これは母であるラルに共通する。このエルも父がヴィクトルだったかまではわかっていない)
だが、ヴィクトルの世界が分史世界であったがため、最後まで道導を集めたはずのルドガー(後のヴィクトル)たちの前に、カナンの地は現れなかった。
しかも最後の道標を手に入れる時期(ここから正史とかなり異なってくる)、エルが死亡してしまう。詳しい経緯は不明だが、死に際にルドガーに向けていたエルの視線は、ルドガーに対する憎悪に満ちていたらしい。
エルが自分を憎みながら死亡し、どれほど頑張っても分史世界にカナンの地は出現しないという事実を知ったことでルドガーは絶望し、現在のヴィクトルとしての土台がこの辺りで作り出されたと思われる。

ただ、彼が共に旅をしていた二人のミラたちに関しては、設定のややこしさも相まって、はっきりとわかっていない。
※劇中では、正史世界では同一の存在とされているもの同士は共存できず、逆に分史世界では両方が存在できる設定のため。


以下の画像はファンが考えた考察の一つ。
こちらは設定資料でヴィクトルに関する詳細が明らかにされる前のもの。

【TOX2】青春セピア色に染まりて



こちらは設定資料発売後と思われるもの。

【TOX2】偏差0.05の幸福タイムリミット
【TOX2】 きらきら 【偏差0.05】




その圧倒的な強さについて

さて、彼はシナリオ中で闘うことになるのだが、その時の強さが異常と言っても差し支えないレベルで、戦闘後の彼の展開も含めて多くのプレイヤーにトラウマを植え付けていった。

まず、ボスらしくHP・攻撃力が非常に高いだけだったらよかったのだが、彼はルドガーと同じように3種の武器を扱い、彼と同様の術技を使うという歴代でも類を見ないタイプのボスである。
これが何を意味するかと言うと、めちゃくちゃ攻撃パターンが多い上に、属性防御が非常に困難ということである。
しかも回復技である「サイカトリス」もHP残量に関わらず平然と使ってくる上に、数万単位できっちり回復される。…とまるで死角がない。
ちなみに秘奥義もきちんと用意されている。喰らえば即死は免れない。
そして、この時のメンバーはストーリーの都合上ルドガー、ミラ、ジュード、ローエンと完全に固定されており回復役が居ない為、難易度の上昇に拍車を掛けている。

しかも本作は骸殻の使用を前提とした難易度調整がなされているにもかかわらず、何を間違ったのかヴィクトルの方も定期的に、何度でも、骸殻モードへ移行し、ちゃんとその時の術技・秘奥義まで遠慮無しにバンバン放ってくる
当然ながら喰らえばほぼ確実に死ぬ。……というか、最悪の場合味方全員巻き込まれて、みんな仲良くマモレナカッタという笑えない状況に陥る。しかも戦闘開始直後から骸殻状態なので、ヴィクトル戦でのファイティングスキットで
   エル「いや……!やめて、やめてよ!パパ!ルドガー!」
ヴィクトル「待っていなさい!すぐに終わらせる!」
という掛け合いがあるのだが、この時のヴィクトルの台詞が洒落になっておらず、文字通り初見なら本当にすぐに終わってしまう。

以上のことから全体的にボスが強いとされる本作の中でもぶっちぎりで強敵と評判で、やたら白熱したBGMも相まって「もうこの人がラスボスでいいよ」という声が多い。

ちなみに倒した後の掛け合いでミラは『手加減できる相手ではなかった…』と言っているが、全く以てその言葉通りである

関連イラスト

ヴィクトル
"世界を殺す"


いい三十路



関連タグ

テイルズオブエクシリア2 TOX2 ヴィクトル(TOX2)←表記揺れ
ルドガー・ウィル・クルスニク エル・メル・マータ ユリウス・ウィル・クルスニク ラル・メル・マータ

ロンドリーネ…『なりきりダンジョンX』の新キャラクター。彼女の養父が同名。

ダークかめにん…『テイルズオブゼスティリア』『テイルズオブベルセリア』に登場。

CPタグ

ヴィクラル
ルドラル

腐向けCPタグ

ユリヴィク ヴィクルド

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴィクトル(TOX2)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23588

コメント